• ja
  • en
  • zh-hans

東京都中央区銀座の眼科形成外科 オキュロフェイシャルクリニック東京|眼科・形成外科

オキュロフェイシャルクリニック東京

医院ブログ

東京五輪は開催するべきか

21.06.07

カテゴリ:銀座ブログ


東京五輪は開催するべきか

東京五輪を開催するかどうか、議論の的に
なっていますね

読売新聞の調査だと現時点で若干開催支持派が多いとのこと

みなさんはどちらですか?

僕は、、、、、、開催支持する側です

その理由を説明したいと思います

まず、開催されるのはあと1.5ヶ月後ですね

現在、自治体の接種率がかなりの速度で上がっていますから

1.5ヶ月後には希望するかなりの人数の方が接種されている
状態です

一般の人たちにワクチンが広がっているのである状況になっている

そうなると市中の感染拡大は起こりにくいであろうというのが一つ

それからワクチン接種した人はそもそもウイルスに感染しにくく

感染してもまき散らすほどの重症化はしない公算が
大きい

五輪選手は全ての人が、IOCからワクチン接種をしてもらえていますから

変異株も含めて選手が国内にウイルスをまき散らす可能性は低いのですね

つまり五輪選手を媒介とした感染拡大は起こりにくいということが一つ

五輪以外のスポーツではJリーグとか野球とかで有観客での試合はされていましたし

演劇などはいまでも開催されています

劇団四季なんかもやっていますし

帝国劇場も全然普通にやっています

そこでクラスターが発生したという事例がない

つまり観客同士での感染拡大は起きていないません

だから観客入れて試合しても感染拡大にはつながらないであろうというのが一つ

以上の3つの理由で感染拡大は起きないだろうというのが僕の見立てなのですね

でも開催支持なのは上記の理由ではありません

ではなんで開催支持なんだと思います?

それは、、、、、

絶対に人生の中で大きな思い出になるからです

不謹慎なことを言いますが!

現在のような状況で、海外の五輪選手が100%のチカラを出して競技に臨めると思いますか?

選手村から出ちゃダメで、食べ物も制限されるような状態です

つまりベストコンディションではない公算が高い

翻って日本代表選手はどうでしょうか?

自宅やホテルなどで普段と同じようにコンディションを整えることが出来ますよね

いつも通りにコンディション作ることが出来ます

どうです?

そうなったら日本選手が金メダルとる確率がかなり上がるのは間違いない

僕は前回の東京五輪以上に金メダルを取るのではないかなと予想しています

次の五輪が日本で開催されるのは50年くらい後
になるので

僕は生きていない公算が大きいですが

次の五輪までの日本国民の大きな財産になるのは間違いありません

必ず五輪は開催され、そして良い思い出が残ると
思います

だから皆さん、出来るだけ都合つけてオリンピック観戦したほうが良いですよ

誰かが金メダル取る瞬間を見ていたら絶対に記憶に残りますから!!

ドーハの悲劇とジョホールバルの歓喜をライブで見ていた僕が言うのだから間違いありません!

”当たり前だけど、人はみんな違う”

21.06.06

カテゴリ:銀座ブログ

以前のブログにも書いていますが、当院で採用する事務スタッフは何かしらの特徴を持った人ばかりです

経歴が普通に医療事務を何年もやってきました、という方は採用していないのですね

何故かと言えば、当院で行っている診療スタイルが独自すぎて以前の医療事務の経験がほとんど役に立たないので経験者である必要性がないということが第一点

それから、これからグループが大きくなるに従ってどういう人を採用したら良いのかという実験をしたいので、いろいろな職種を採用して見たいというのが第二点

前職が医療事務であると、以前の職場の常識という「医療業界の悪しき慣習」を持ち込んできてしまう可能性があるということが第三点

以上の3つのことがあって、医療事務経験者は採用していないのですね

そんな中で、2年前にディズニーがやっている社員研修プログラムにスタッフ全員を連れて行ったのですが、その時の講師やってくれた方がこの4月に当院に入職しました

オリエンタルランドで30年も働いていてからの転職なのでこちらとしても緊張したのですが

いままでの経験を踏まえていろいろと院内研修をやってくれています

で、彼女もブログをやっているのですが、それを紹介しますね
ブログを見る

年齢が若い時って、まだ周りが見えていないし、自分の人生も見えていない

当院のスタッフは、若い人が多いからこそ、謙虚に自分を見つめて、上手に成長してくれると良いなと思います

革命家が勝つ条件

21.06.03

カテゴリ:銀座ブログ


革命家が勝つ条件

今回は医療とはちょっと離れた話をしたいと思います

世の中にはいろんな人種がいますね

慎重な人、せっかちな人、内向的な人、怒りやすい人

そんな中で革命家のように思われる人もいます

人が手を出したがらないことに手を出して、実行する人種ですね

そう、僕のような人間ですね

アイディアと実行力を持っている

僕は自分で言うのもなんですが革命家なんです

ただし、革命家のような性格に産まれることは良いことばかりではありません

よく自分で言うのですが、原始社会にいたらすぐにフグ食べて死ぬ人種

それが鹿嶋です

たとえば当院の土居先生は絶対食べない

死んだ鹿嶋を見て、「社長はああいう人だからねえ」と言ってそうです

さて、人に先駆けてアイディアを実行する革命家のような人種

多方面から怨みも買いそうですし

悪い想像せずにフグ食べるようなことしますから、早くに死んでしまう可能性も高いのです

革命が出来る人ってどんな人を思い浮かべますか?

現代だと、ソフトバンクの孫さんとか三木谷さん

僕の敬愛するキングコングの西野亮廣さんなんかがそうですね

政治家で言えば橋下徹さんとか

一方で革命が成功しない人もいます

ホリエモンとか

れいわ新選組の山本太郎さんとか

もっと言えば、オウム真理教の麻原彰晃とか

日本赤軍とか

共産党なんかもそうかもしれませんね

革命が成功する人と成功しない人

同じように人が考えないこと考え

実行に移すことに違いはないのです

では革命家が勝つ条件ってなんだと思いますか?

それは、「大衆の支持」だと思います

大衆の支持の無い革命家は、オウム真理教や日本赤軍のように異端児扱いされて潰されてしまうのですが

大衆に支持される革命家は、ソフトバンクの孫さんのように時代を先取りして前に進むのですね

つまり僕がブログをやっている理由も、こういう分野があるということを皆さんに知っていただきたいからです

僕みたいな時代を変える革命家は、皆さんの支持が無ければ、既得権益層に潰されて終わってしまうのですね

ただ皆さんが僕のやっていることの正しさを証明し、支持してくださっている

だから正々堂々と前に出られるのです

もっとも前に出たくて出てるわけではないのですが、、、、、(笑)

社会保険東京支部との闘いはまだまだ続いています

先日も、3か月前に査定された減圧術の再審査請求の書類を作りました

再審査請求の書類には「オリンピア眼科と同じ方法で眼窩減圧術を行いました」と明記しました

さて先方がどう出てくるか、、、、、

続きはこのブログで公開させていただきますね!