BLOG医院ブログ

2021.05.30

スタッフに送ったメール

スタッフに送ったメール 当院は医療機関ですが、多数の人が働いていると必ずイザコザが起こります 経営者になってからの4年間、常にスタッフのイザコザの対処を行ってきました 今朝、スタッフ全員に送ったメールを公開しますね タイトルは 人のミスを批判することの意味 ↓ここから 最近、前橋で人のミスを責めるという事案がありました。人のミスを責めるということが当院の中ではどういうことと捉えられているのか、を明確にしたいと思います。 以前のブログでも書いたのですが、組織の中で人の批判をすることはその組織の体力を奪うことになります。ある人が批判に時間と労力を使うと、それを言われた人にも時間と労力を防御に割かなければならなくなるからです。(アメブロ「人の批判はしないほうがいい」https://ameblo.jp/kashitomo52/entry-12623337632.html) 人のミスの批判をすると批判する人間と批判された人間が仕事に使うべき労力を無駄にしているということなるので、経営者としてはそんなことに給料を払っているわけでは無いので、正直、給料の一部返納をして欲しいし、本当に請求したいくらい。金返せ。 次に人がしたミスはどこまで許容されるのかという問題です。 人間はだれしも100%仕事をこなせるわけではありません。100%ミスなく仕事が出来る人間というのは存在しないのですね。では何パーセントなら許されるのでしょうか。合格点は何パーセントなんでしょうか。99.9%?97%??? 90%??? そう、線引きは出来ないのですね。 ミスの確率順にすべてのスタッフを整列させて、どこからは合格だけど、ここからは失格だからクビ、ということにはならないし、してはいけないのです。今99%ミスしない人も、99.9%の人ばかり入ってきたらアイツ出来ないヤツというレッテルを貼られるのです。 とは言っても、ミスはミスでフィードバックしないといけないので必ずミスをした本人に伝える必要があります。むしろそれを怠っていては本人のためになりません。だから本人へのフィードバックはかならず行った方が良いです。フィードバックは行うべきだが、批判となるような伝え方をするべきではない。そしてフィードバックを受け取ったミスをした人間も、批判と捉えないことです。批判と受け取ればそれは自分の業務改善をしようとはしなくなるから。 「ミスの指摘は行うべき、ただし批判になってはいけない」ということです。 僕のなかでは、批判した人間も、批判された人間も、両者ともに減点してるので、留意してください。 では、人のしたミスへの批判が大きくならないようにするためにはどうしたらよいでしょう。 1つは、ミスが起こらないように、ミスが少なくなるように制度設計をすることです。ミスの数は人それぞれ違うのだから、ミスが多い人でも中に入れるような制度を作るのが正解。ミスが少ないという基準だけで選べば、優秀だけど人を攻撃したりする人を入れなければならなくなります。優秀で人を攻撃しまくる人、うちのスタッフに欲しいですか?いらないでしょ?繰り返しミスが起きるなら、それを防げるような制度を作ろうというのが第一点。 もう1つは、ミスすること自体を非難しないことです。もちろん自己反省がないとか、言いたい気持ちも分からなくはないのだけれども。聖書にこんな一節があります。 <ヨハネ福音書「姦通の女」ヨハネによる福音書第8章3〜11節>  聖書の中に、姦通罪で捕らえられた女性をめぐって、主イエスと律法学者たちが対決する場面があります。旧約の律法では、姦通罪は石打ちの死刑にされることになっていました。判断を求められた主イエスは「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず石を投げなさい」と言いました。すると年長者から始まって一人また一人と立ち去ってしまい、誰も女に石を投げることができませんでした。 <人を裁く権利や資格をもつ者はいない>ってことです。 実は鹿嶋の事務処理能力は低いです。ミスなく事務処理をすることが、僕は苦手なんですね。だから研修医のころは同期8人いる中で一番使えないヤツという扱いを受けていました。でも事務処理能力は低くても、他の能力がずば抜けているので今は同期の医師よりもはるか遠くに行っているのは、うちのスタッフみんなが知っている通り。つまり事務処理能力は多数ある能力のうちの一つであるにすぎないので、そこだけを物差しにして人を値踏みするな、ということです。研修医のころに鹿嶋を使えないヤツ扱いしたドクターは、鹿嶋から何かを教えてもらうチャンスを無くしたのです。経営のこと、手術のこと、たくさんのことを僕は知っていますが、教えてあげることはありません。 もうすこし鹿嶋友敬個人の気持ちをぶっちゃけて言うと、そもそも仕事としてその役割が与えられているんだから個人的な感情を仕事に持ち込むんじゃねーよって話です。リーダーシップ論のところでも書いてあったのですが、これは「仕事」なんだから、役者が役を演じるように、スタッフは「鹿嶋にとって良いスタッフ」を演じる義務があるんだよってことです。 演じられない役者は不要であるのと同じく、「鹿嶋にとって良いスタッフ」を演じられないスタッフは不要です。クビでいい。 今うちにいるスタッフは、みーんな何かしらの経験や経歴を持っている人ばかり。鹿嶋が何かを感じて直接採用した人しかいません。つまりそれぞれに何らかの常人とは違った才能・キャリアがあるのです。凡人は居ないはずです。だからそれぞれがそれぞれを尊敬するようにしてください。 そして繰り返しますが、休日にこんな長文を長時間使って鹿嶋友敬に書かせた当事者は、鹿嶋の中では減点しています。どれだけ時間かかると思ってんだ。二千文字以上もあるんだぞ💢ブログ1本分だ💢あ、ブログに転用しよう💡 他のスタッフも批判したくなったら、批判した人間は、鹿嶋からは減点されるということを肝に銘じてください。

2021.05.24

眼科医に送るパンフレットを制作中

眼科医に送るパンフレットを制作中 現在眼科医に送るパンフレットを 製作中です これは毎年、眼科の先生方に当院が何をしているかを紹介する目的で ここでやっている手術や、設備のことを解説するパンフレットを制作して、それを全眼科医に送るのです そうすることで当院がやっている新しい眼形成の治療というものを 年に1度の学会のような場だけでなく、直に知っていただくということができるのです パンフレットの作成には、大体1万字ぐらい必要になってくるのでとても労力がかかるのですが 去年もおととしもページ数20ページほどのパンフレットを作成しました 今年は 千葉や大阪の開業準備の目的もあるのでより1層しっかりと作成しなければならないと考えています そのパンフレットの 前分というか序文を書きましたので、ブログの記事としてここに掲載したいと思います 何かの参考になりましたら幸いです 拝啓 梅雨の候、先生方におかれましては益々健勝のこととお慶び申し上げます。昨年はどの医療機関も大変な時期を過ごしました。患者の外出機会の減少による来客低下やコロナ対策への労力や出費など、平年では必要のない対応が必要になった1年であったことと思います。自院が苦しい中でも、大切な患者様をご紹介頂きました先生方には心から感謝いたしております。 眼形成は眼科医が行う形成治療で、眼科と形成外科や耳鼻科、脳外科などの他科との境界疾患を治す専門分野です。米国臨床留学の経験から世界標準の眼形成治療の普及のため、新前橋かしま眼科形成外科クニリックとオキュロフェイシャルクリニック東京を開業してそれぞれ4年と3年が経過いたしました。東京の開院当初は外来予約がゼロという日もあり、ヒマすぎて悩んだ結果、集客もかねてアメーバブログを始めたりしてみましたが、徐々に先生方のご紹介や患者自身がインターネットを使って調べていらっしゃる数も増えてきたため、お陰様で現在では数多くの来院をいただくことが出来るようになりました。昨年の手術件数は4,016件(眼数・2院合計・2020年1月~12月)を行うことが出来ました。これもひとえに先生方の御診断とご紹介の賜物と感謝いたしております。 当院では入院なしの日帰り全身麻酔をフル活用し、眼窩手術、DCR、小児手術などに適応、その数は年間554件(2院合計・2020年)と、眼科としては全国有数の全身麻酔件数を行っております。これまでのところ日帰りの全身麻酔後に他の医療機関に緊急搬送となった症例は無く、麻酔科医の尽力のもとで安全に施行出来ております。眼窩手術は手術が長時間で入院も長期間にわたるというイメージがあると思いますが、眼窩骨折や骨の一部を外す手技を含む眼窩腫瘍手術などを日帰りで行うことは米国では常識であり、これを導入した結果、患者負担を非常に少なくすることが可能になりました。特にバセドウ病眼症に対する手術は、全国に手術を行う施設がほとんど存在しないこともあり、北海道から沖縄まで全国から来ていただいております。我々は従来の日本の診療であった医療と違ったアプローチで診療を行っておりますので、これまで治らないと思われていた症例を治療しておりますため、先生方の大切な患者様がお困りの症状を治すお手伝いが出来るかもしれません。小児の霰粒腫や睫毛内反から、他院で治らなかった眼窩疾患まで、眼形成の領域であれば何でも診断し、治療も行いますので、面識が無くてもどうぞお気軽にお問い合わせ頂けましたら幸いです。 当院の設立の主目的は眼形成という医療を日本のインフラにすることです。このため眼科医の研修・見学は積極的に引き受けていますし、眼形成の習得を目指す後進の指導はどの大学病院よりも熱心に取り組んでおります。このため手術担当医や紹介状の返信など、鹿嶋友敬からではないものもあるかと思いますが、毎週のケースカンファレンスを通じて診断と手術に関する技術の統一化を真摯に取り組んでおりますので是非ともご安心とご了承をいただけましたら幸いでございます。 末筆ながら、このような状況の中ではありますが、貴社の皆さまのご健康と、益々のご繁栄を心よりお祈り申し上げます。私共で何かお役に立てることがございましたら、遠慮なくお申しつけ下さい。 オキュロフェイシャルクリニック東京院長・新前橋かしま眼科形成外科クニリック理事長 鹿嶋友敬

2021.05.17

”社保の本部に公開異議申立書を送付しました”

ブログを見る 僕は僕の戦い方がありますが 患者さんは自分の身体のことなので、より一層心配だと思います 人生において、何か大きな決断と行動する時ってそう多くはありませんが 1人ひとりの思いが、最終的に大きなチカラとなって物事を動かします 患者さんの人権が踏みにじられ、弾圧されています これはチベットやウイグルで行われていることとなんら変わらないことです 患者さんたちの集まりが行動を起こそうとしています 僕は行動を支えたいと思いますし、その行動を起こすという決断を称賛したいと思います 1人ひとりが声を上げる時がやってきました 1人ひとりが「誰かがやるだろう」と思ってしまっては何も変わらない 時代は昔に戻ってしまいます 既得権益層に、せめて爪を立てて引っ掻いて、自分の意思を表明していただけたらと思います

2021.05.15

子供の霰粒腫は無麻酔で手術する?

子供の霰粒腫は無麻酔で押さえつけて手術する? 霰粒腫って知っていますか? めかご、とか、めばちこ、などと言われるものですね ばい菌が原因ではなく、生体内部の炎症によって出来る肉芽腫がその原因です 治療は塗り薬が第一選択で、治りづらければ内容物の摘出が勧められます 当院でも、ちょくちょくいらっしゃるのですが 大人の場合、来院当日に局所麻酔して切ってしまいます 問題は小児(子供)です 軟膏を塗るくらいならさせてくれますが 局所麻酔して手術で切開するとなると泣き叫ぶのでほぼ不可能です 当院では日本の医療機関で先駆けて日帰り全身麻酔を導入していますので 小児の霰粒腫の紹介があったら麻酔科の医師に依頼して 眠らせてしまってその間に切開してしまいます もちろん泣き叫ぶこともなく、そのまま順調に退院していきます 痛みの記憶もありません 米国留学で得た経験からこのようにしているのですね 最近、とあるドクターが無麻酔で切ってしまえばよいという持論を展開しているのを見ました 小児は記憶も残らないから大人3人で押さえつけて痛くて泣き叫んでも無麻酔で切ってしまう 1分くらいで手術が終わるし、あとで聞いても憶えていないっていうのですね 世の中は常に一定の方向に進みます 技術は必ず進む方向に行くのですね 白黒テレビからカラーテレビに変わり、いまはスマホでYoutubeを見る時代になりました 医療も同様に、大きな切開から小切開に 数週間の入院が必要な手術から、日帰り手術というように、技術はどんどん前に進み後退することはありません そういう大きな流れで考えると、無麻酔の手術ってどうなんだろうって思うのです 子供だからといって憶えていないとしても強烈な反感を感じているはずなのです そういう行為って、例えば動物で例えるなら、虐待にあたるようなことに思える 無麻酔での手術なんて言ったら、動物なら動物愛護団体がほっとかないですよね、たぶん 医療技術は進歩し、日帰り全身麻酔が当たり前の時代が来ます 当院であれば、受診から1週間以内に全身麻酔で眠らせた状態で切開することが出来ます 例えると酔っぱらって寝ている状態で手術するのですね 意識はありませんし、麻酔もきちんとするので術後もほとんど痛みは無いはず 虐待みたいなことはする必要がありません 必ず患者さんの苦痛を出来るだけ取り除く方向に時代は進むと思いますし その方向に時代が進むのであれば、それがその方向だと分かっているのであれば 僕はその先取りをしていきたいと思っています 動画を見る 動画を見る

2021.05.07

Facebook患者会のご登録のお願い

健康保険という制度は、健康を害した時にみんなで支えあうための制度です だから医療機関によって保険が使えたり使えなかったり 患者さんによって適応が異なる、なんてことはないようにしないといけません でも現状では、そういう恣意的な運用がまかり通っています 誰も得をしない決定がまかり通る 患者さんは損しかない 厚労省や社会保険のスタッフだって対応に無駄な時間を取られる じゃあ誰のためにそういう運用をするのか 得するのは誰なのかを考えると黒幕がわかります 黒幕は、バセドウ病眼症の主流を鹿嶋に取られたくない、という人です そういう既得権益者に、患者さん全体の幸せが毀損されている状態です 以前にも書きましたが、患者さんは医療機関や治療法を自分自身で選ぶ権利があります(リスボン宣言) それを捻じ曲げたい人たちがいる 対抗するには患者さんが自分自身で自分を守ることしかありません 以前にもブログで書きましたが、そういう迫害を受けている患者さん同士が患者会を作っています 「甲状腺眼症の医療を前進させる会」のFacebookグループ ここをクリックしてください! (なにかの詐欺サイトとかではありません) https://www.facebook.com/groups/2679010688977917/ クリックしていただき、簡単な質問にお答えいただくとメンバーとして登録されます(許可制) 当ブログの読者の皆さんにお願いです 是非患者会のFacebookグループに参加していただきたいと思っています バセドウ病の患者さんでなくても、賛同いただける方は登録いただけます 賛同していただけるなら、是非登録をお願いします 1人ひとりの数字が、とても大きな力になります ある程度の人数になった時点で次の行動に移るそうです 保険が切られる、ということが固定化する前に動かなければ 手遅れになってしまう可能性が高いのです すでに減圧を行って治っている方も他人事ではありません なぜなら15%の方が再発するとされているからです 再発したときに減圧が保険でできなかったら、高額の負担が必要になります 皆さんのご協力が鍵です 人数が増えなければ、前に進める行動も起こせません どうぞよろしくお願いいたします

2021.05.06

眼窩減圧術は安くても
いいじゃないか

眼窩減圧術は安くてもいいじゃないか 最近とあるブロガーさんの記事で書かれていたことがあったので解説しますね このブロガーさんは活動期の治療を行って、その後に眼窩減圧まで行って元の顔貌を取り戻したのですね そこで今回眼窩減圧が査定されたことを周囲の方に話したところ、 「安くなるならそれでいいじゃない」 と言われたとのことでした 確かに患者さんからしたら負担が少ないほうが良いように思うと思います 安ければ安いほうが良いですよね? でも僕はそこにはたくさんの問題があると思うのです それを解説しますね まず、10年前の状況をおさらいしていただきたいのです 僕がUCLAに留学して開業する前の状態です 甲状腺眼症は治らない病気でした 眼窩減圧がある、というのは知っていても、入院3週間、皮膚に大きな傷が残り 片眼の手術に最低2時間、最長6時間もかかる大手術だったのです 一週間空けて、片目ずつ行う手術だった そんな手術は、患者さんはもちろんですが医師もやりたくない 眼窩減圧は失明のリスクすらある手術です 医師だって人間ですから長時間の手術で医療訴訟のリスクがあるとなれば誰もやりたくない 眼科医なら白内障手術とか硝子体手術やっていた方がスマート 眼窩減圧なんか、やっていても損するばかり だから誰もやりませんでした バセドウ病眼症は治らない病気だったのですね 全国で、眼科医にも内科医にも「治らない」「そういうもんだ」「あきらめなさい」と言われていたのです つまり手術する医師にとって魅力的に映らないと、せめて労働対価が他の手術よりも低くないことを示さないと誰もやりたがらない そして鹿嶋友敬の動ける時間は限られていますから 若手が育っていなければ、僕の手が動かなくなったら日本の眼窩減圧は再度消滅する 日本中で治らない眼症の患者さんたちが涙にくれるような時代に戻るのです それを防ぐためにはやはりきちんとした対価を示す必要があるのですね 後進医師に眼窩減圧がやりたいと思わせなきゃいけないというのが1点 それから次に、今僕がやっている手術の内容は、自分のお金と時間をかけて獲得したものです 留学に自己資金で1500万くらいかかってます それから1年間無職でしたから、本来日本にいれば入ったであろう収入を考えると 差し引きで数千万円のお金がかかっているようなものです それだけのコストをかけて、高い技術を日本に輸入して皆さんに提供しているのです 近年の日本では、安いことが良いかのように思われる風潮があります でも分かると思いますが100均ショップに行ってなにかを手に取った時に、作りが粗雑だなあって思った経験ってあると思います つまり安いものにはそれなりの理由があるのですね もともと一般家庭の出身ですから学生時代とか貧乏もしています それで言うと安いものには理由があるし、逆に高いものにも理由があるのです 高いものを高い料金を出して買ってあげないと、高いものを作る技術は廃れて、この世から無くなってしまう 平成の30年間、日本はまったく成長しませんでした 僕は日本が新しいものや技術を買うことを良しとせず より安いものを求めるようになっていったからではないかなと思っているのです みんなが100円の回転すししか食べなくなったら、銀座でしっかりした寿司を出す店はなくなり、技術も途絶えてしまうのですね だから高い技術にはそれなりの対価が必要であると考えているし、それを安く提供することは世の中の発展を阻害し、むしろ文化や技術を破壊するのでそれ(安く提供すること)はしないということが1点 次に、そもそもなんですが、オリンピア眼科病院では眼窩減圧が査定されていない それがオキュロフェイシャルクリニック東京では査定される こういうことが許されて良いと思いますか? 日本医師会のホームページには、患者の人権を謳っている部分があります https://www.med.or.jp/doctor/international/wma/lisbon.html 原則1.a すべての人は、差別なしに適切な医療を受ける権利を有する 原則2.a 患者は、民間、公的部門を問わず、担当の医師、病院、あるいは保健サービス機関を自由に選択し、また変更する権利を有する 患者さんがどの病院でどのような治療を受けるのか これは患者の権利なんです 人権と言っても良い それが恣意的な形で運用され、審査会とオリンピアが結託してオリンピアに患者が流れるように仕向ける オキュロフェイシャルクリニック東京をイジメたいがために減圧を査定するということをし、その施策が甲状腺眼症の患者の迫害になっている 僕は日本は、フェアであることを重んじる国だと思ってきました 世界でも珍しく、勝つことよりも、負けても良いから公正であることを重んじる国民 それがどうでしょう 見事に公正さのカケラもない運用をしているのです ここで諦めたら、アンフェアなことをしても許される国になっていってしまう こういう細かいことの積み重ねが国の行く末を決めると思っています だからこそ、日本社会の将来のためにも諦めないということが1点 以前のブログにも書きましたが 日本人ひとりひとりの意識が問われているのではないかと思っているのです 公正さを保つこと 高い技術を評価すること トータルの損得で考えたら、損なのかもしれませんが 僕は正しいことを正しいと言える世の中になっていってほしいと思っています

診療時間
8:15〜17:15 - -

[休診日]月曜・日曜・祝日
※当院の診療は完全予約制になります。

診療日カレンダーを開く
アクセス
眼形成外科 【オキュロフェイシャルクリニック 東京】
〒104-0061
東京都中央区銀座1丁目15−4 銀座一丁目ビル 8階
  • 浅草線「東銀座駅」A8出口徒歩5分
  • 有楽町線「銀座一丁目駅」10番出口徒歩4分
  • 銀座線「京橋駅」2番出口徒歩4分
GoogleMapを開く
地図