公開日:2024.01.26 最終更新日: 2024.04.04

眼瞼下垂手術における
自費診療と保険診療の違いとは?

眼瞼下垂手術において、
自費診療と保険診療の違いは
ありますか?

眼瞼下垂に伴う自覚症状(まぶたが開けにくい、上の方が見えづらいなど)がある場合には、
保険診療での手術が可能
です。

保険診療では瞼が重くて開けにくいという病気を治す目的で手術を行います。
よって、術後に美容的な見た目の修正ができません。

しかし、中には手術をせっかくするなら、「自分の理想の眼の形に近づけたい」といった見た目についての要望が強い方もいらっしゃいます。
そこで当院では自費診療での手術も可能です。
自費診療の場合には症状の改善に加え、執刀医の選択、1年間の修正が可能という違いがあります。

保険診療と自費診療の違いについて

保険診療
  • 保険適用で治療費が安くなるが、
    再発時にはその都度費用がかかる
  • 術後の美容的な修正はできない
  • 執刀医を選択できない
自費診療
  • 保険適用外となり、治療費は高額になりがちである
  • 美容的な見た目をこだわれる
  • 執刀医を選択できる
  • 1年間の修正が可能

保険診療の場合、再発時にも症状があれば、追加手術はできますが、他の病気での手術と同様にその都度料金がかかります。

眼瞼下垂かどうか
セルフチェックしてみましょう

皮膚のたれまぶたの手術

眼瞼下垂の原因としては、先天性眼瞼下垂、加齢、コンタクトレンズ使用、花粉症やアトピー性皮膚炎などでまぶたを強く擦ることの多い場合、眼科手術後などがあります。
セルフチェックの方法としては、鏡を見ながらまばたきをして、「黒目がまぶたで隠れていないか」「おでこのしわがないか」、「眼を開けたときに眉毛が上がっていないか」を確認してみてください。

「眼瞼下垂」について関連記事はこちら

診療時間
8:15〜17:15 - -

[休診日]月曜・日曜・祝日
※当院の診療は完全予約制になります。

診療日カレンダーを開く
アクセス
眼形成外科 【オキュロフェイシャルクリニック 東京】
〒104-0061
東京都中央区銀座1丁目15−4 銀座一丁目ビル 8階
  • 浅草線「東銀座駅」A8出口徒歩5分
  • 有楽町線「銀座一丁目駅」10番出口徒歩4分
  • 銀座線「京橋駅」2番出口徒歩4分
GoogleMapを開く
地図
英語版 インスタグラム