公開日:2024.01.25 最終更新日: 2024.04.04

眼瞼下垂の手術は
痛くない?

手術は痛くない?

最大限痛みに配慮した
治療を行っています

15歳以下の方の手術は、日帰り全身麻酔、それ以外は局所麻酔で行っています。

特に挙筋短縮術などの筋肉が関わる手術は術中に眼を開けていただき、定量が必要になるため局所麻酔である必要があります。
そこで当院では、痛みや不安を少しでも軽減するために、笑気ガスや静脈麻酔を組み合わせ、呼びかけで反応できる程度に眠ってもらいながら、手術を行います。

痛みの少ない治療を目指して

  • 鎮静
    鎮静
    鎮静とは意識レベルを低下させて、痛みや恐怖感を和らげることを指します。
    また鎮静に使用する薬剤には投与が簡単で安全なガスと、投与時にモニタリングを要する注射薬があります。
    これらを手術の難易度や手術時間に応じて使い分け、手術中の痛みや不安を出来るだけ取り除くように心がけています。
    手術中に眠ってしまう方も多くいらっしゃいますので安心して治療を受けてください。
  • 日帰り全身麻酔
    日帰り全身麻酔
    眼窩骨折や眼窩腫瘍などの疾患では、局所麻酔と鎮静だけでは痛みを完全にとることが難しいため、全身麻酔での手術を行います。
    当院では手術侵襲の少ない切開方法で手術を行うため、ほとんどの場合、早期の離床が可能です。
    このため大部分の全身麻酔での手術(眼窩骨折や眼窩減圧など)の後は当院の回復室で1~2時間お過ごしになり、その後帰宅していただいています。

眼瞼下垂かどうか
セルフチェックしてみましょう

皮膚のたれまぶたの手術

眼瞼下垂の原因としては、先天性眼瞼下垂、加齢、コンタクトレンズ使用、花粉症やアトピー性皮膚炎などでまぶたを強く擦ることの多い場合、眼科手術後などがあります。
セルフチェックの方法としては、鏡を見ながらまばたきをして、「黒目がまぶたで隠れていないか」「おでこのしわがないか」、「眼を開けたときに眉毛が上がっていないか」を確認してみてください。

「眼瞼下垂」について関連記事はこちら

診療時間
8:15〜17:15 - -

[休診日]月曜・日曜・祝日
※当院の診療は完全予約制になります。

診療日カレンダーを開く
アクセス
眼形成外科 【オキュロフェイシャルクリニック 東京】
〒104-0061
東京都中央区銀座1丁目15−4 銀座一丁目ビル 8階
  • 浅草線「東銀座駅」A8出口徒歩5分
  • 有楽町線「銀座一丁目駅」10番出口徒歩4分
  • 銀座線「京橋駅」2番出口徒歩4分
GoogleMapを開く
地図
英語版 インスタグラム