• ja
  • en
  • zh-hans

Oculoplastic Clinic in Chuo-ku, Ginza, Tokyo OCULO FACIAL CLINIC TOKYO|Ophthalmology / Plastic and Reconstructive Surgery

OCULO FACIAL CLINIC TOKYO

診療内容

眼瞼下垂手術後の修正手術

失敗したまぶたの修正手術

当院には、他院で治らない治せないと言われた方々がたくさんいらっしゃるのですが、他院で眼瞼下垂手術を行い、思いどおりの結果にならなかった方も数多く来院されます。

このページではそのような方々の評価と、どのように治せば良いのかについてご説明いたします。

他院で修正することが難しいと判断された方でも、今まで来院されたほとんどの方が治療が可能ですので、まずは一度ご相談いただけたらと思います。

重瞼の形状がおかしくなった

他院で眼瞼下垂手術(挙筋短縮)後に重瞼の形状がおかしくなってしまったため、修正希望で来院されました。

術前

筋肉を短縮する手術を行っているが、黒目の露出が不十分でした(原因①)。さらに、切開線と重瞼が離れているため、二重瞼ではなく、三重になってしまっており、いびつな形状となっていました(原因②)。

術後

改めて筋肉を短縮し(解決①)、余剰の皮膚を切除し(解決②)、重瞼を作成しています。三重瞼になっていたが、二つの重瞼の間の皮膚を切除することで重瞼を一つにまとめることがことが出来ました。

眼瞼の形状に納得できない

他院で眼瞼下垂手術(皮膚切開法)後に眼瞼の形状に納得できず、修正希望で来院されました。

術前

前医で作成された重瞼が高すぎるため、その下の皮膚が余って弛んでしまっています(原因①)。目頭の皮膚の弛みも不自然な印象を与えています。黒目の露出も不十分で眠そうな印象を受けてしまいます(原因②)。

術後

作成された重瞼より下の余っている皮膚を切除し(解決①)、黒目を大きくするために、筋肉を短縮しました(解決②)。これにより重瞼が狭くなり、自然な二重まぶたが形成されています。

術前

もともと一重まぶたであったのに、作成された重瞼が高すぎる場合、このように重瞼よりも下の皮膚の弛みを生じ、厚ぼったい二重瞼になってしまいます。生来の重瞼では重瞼よりも下の皮膚のたるみは生じないので、重瞼があるにも関わらず皮膚の弛みがあると不自然な印象となってしまいます。

術後

重瞼よりも下の皮膚をピンと張ることが重要です。この方の場合には筋肉の短縮も行い、黒目の露出を大きくすると同時に、広すぎる重瞼を自然な程度に狭くし、綺麗な目を作ることが出来ました。

再手術で当院を紹介された

数年前に他院で片目だけ眼瞼下垂手術(挙筋短縮)を行っています。

1年前から両眼の重さを感じたため、近くにある眼科を受診したところ、再手術の目的で当院を紹介されたため、受診されましました。

術前

以前の眼瞼下垂手術の時のキズが二重瞼になっているが、皮膚の余剰が残存していることと、もともとの二重のラインと離れて作られているため、三重、四重になってしまっている(原因①)。
黒目も十分に露出しておらず、腱膜性の眼瞼下垂の状態でした(原因②)。

術後

三重、四重になってしまっている皮膚を切除し(解決①)、伸びてしまった筋肉を短縮して縫着しました(解決②)。二重瞼はしっかり作り直しています。黒目の大きさは正常になり、重瞼も綺麗になりました。

まぶたが開きにくくなった

他院で眼瞼下垂手術(挙筋短縮)後に、皮膚のたるみが出現し、むしろまぶたが開きにくくなってしまったため、修正希望で来院されました。

術前

他院での眼瞼下垂手術後とのことですが、むしろ皮膚が被ってしまって、もともとの目よりも小さくなってしまっています。これは筋肉を短くする(挙筋短縮)を行っているものの、皮膚を十分に切除しなかったこと(原因①)と、重瞼を作成しなかったもしくは作成しようとしたが作成されなかった(原因②)ために起こったものです。

術後

皮膚の余剰を無くし(解決①)、重瞼を作成する(解決②)と隠れていた黒目が出現し、目と眉毛の間の距離も短くなり、自然なまぶたの形状を取り戻すことが出来ました。

術前

皮膚が弛んで、黒目を覆い隠してしまっている。前回の手術創は、しっかりとした重瞼ではなく、単なる線状のしわとして残ってしまっています。

術後

前医で切開した部位から下の弛んだ皮膚を切除し整えて、重瞼を作り直している。黒目が十分に露出する綺麗な目にすることが出来ました。

眼瞼の形状に納得できない

他院で眼瞼下垂手術(挙筋短縮)後、眼瞼の形状に納得できなかったため、修正希望で来院されました。

術前

重瞼を作成しておらず(原因①)、十分に皮膚の弛みを処理していないため(原因②)、切開線よりも下の皮膚が弛んでしまっていて、皮膚が睫毛に覆い被さってしまっています。

術後

切開線よりも下の弛んだ皮膚や組織を切除し(解決①)、その後しっかりとした重瞼を作成する(解決②)ことで、皮膚の弛みが消え、睫毛が露出し、綺麗な眼瞼を作ることが出来ました。

術前

切開線よりも下の皮膚が弛んでしまっていて、皮膚が睫毛に覆い被さってしまっています。瞳孔よりも内側の睫毛は露出していません。

術後

術後には、皮膚の弛みが消え、睫毛が露出し、綺麗な眼瞼を作ることが出来ました。

担当医に不信感を抱いたので当院へ

他院で眼瞼下垂手術(挙筋短縮)後に吊り目になってしまったので、担当医に訴えたが、反対も同じようにすれば良いと言われ不信感を持ったため、修正希望で来院しました。

術前

前医での手術で筋肉が短縮されすぎているため(原因①)、黒目の上の白目が露出し、吊り目の状態である。睨んでいるような目つきになってしまっているのが分かる。上がりすぎのため、奥二重のようになっている。

術後

前医での切開創を開き、短縮された筋肉を外し、位置をずらして固定した(解決①)。上の白目の露出は改善し、重瞼も広くなったため、目つきは大きく改善している。

術前

筋肉が短縮されすぎているため、上方の白目の露出があり、吊り目の状態である。この状態では睨んでいるような目つきになるだけでなく、目が閉じ無くなったり、ドライアイで充血や痛みを生じるようになってしまう。

術後

筋肉を適切な位置に固定し直すことで、目つきの改善とドライアイの改善をすることが出来る。術前後で比較すると、白目の充血が改善していることが分かる。

他院で断れたので当院へ

他院で眼瞼下垂手術(挙筋短縮)後に、見開いた吊り目の状態になってしまった。他院での修正、さらに違う有名な他院での修正を行ったが、最終的に「もう下げられない」と断られたため、修正希望目的に来院。

術前

筋肉を短縮しすぎていることにより上まぶたが開きすぎている。上方の白目が露出し、力を抜いても目が見開いてしまうため、出来るだけ目を細めているが、それでもビックリしたような目になっている。

術後

他の2つの美容外科クリニックで、これ以上の筋肉の延長は不可能と言われていたが、丁寧に瘢痕を外すことで自然な位置までまぶたを下げることが出来ました。

埋没法の糸が取れなかった

数年前に他院で重瞼術を行っています(埋没法)。数日前から目がゴロゴロするので眼科へ行ったが、糸が取れなかったため紹介され当院を受診しました。

術前

埋没法で使用したナイロン糸がまぶたの裏に露出し、角膜にキズを作っています。それだけではなくそのキズに細菌が入り、角膜潰瘍となっているので、角膜の一部が白濁しています。

術後

染色すると、角膜潰瘍の部分の上皮が無くなっているため、染色されている。

術前

角膜にキズがあり、感染まで起こしているのでまぶたが腫れて、目が開かない眼瞼下垂の状態になってしまっています。まぶたが思うように開かないため、眉毛が上がってしまっています。

術後

まぶたの中の糸を除去すると、症状はすぐに改善します。この症例では同時に皮膚の切除と筋肉の短縮も行ったところ、術後まだ1週間の時点ですが、重瞼がはっきりした綺麗な目にすることが出来ました。

術前

糸が眼球を常に引っ掻いている状態で、キズが膨れて充血もしています。

術後

このような場合には、糸の除去を行うしかありません。手術で糸を除去するとすぐに症状が改善します。手術1週間後には充血も取れて、綺麗な状態になりつつあります。

まとめ

失敗してしまった手術には、何らかの理由があります。

手術の失敗を避ける方法は、失敗した症例から学ぶことです。

失敗を数多く経験するか、失敗した手術後の方の手術を引き受けるしかありません。

我々は開院から今までにたくさんの方の手術を行って参りました(2019年1月~12月 眼形成手術数3,850件)。

この中には、他院で治らなかったたくさんの方々の手術が含まれています。
可能な限り、お力になれるように治療いたします。

お悩みの方は是非ご相談ください。

まずはご相談ください

日本では眼形成の専門医師・専門施設が少なく、治療に対する情報量も少ないのが現状です。

その為多くの場合、病気や事故等によって目の周りの表情が変化した患者様が自分の症状は治らないものだと思い込んでしまい、元の状態に戻す事を諦めてしまっている事が多いと感じています。

私はこれまで10年にわたり日米通算1万件件以上の手術を行った知識や経験を患者様の為に提供していきたいと思っています。

 

 

貴方のお悩みやご要望にお役立てできる眼形成治療をご提供いたします。