BLOG医院ブログ

ニューヨークに行って心に決めたこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は海外に行くのが好きです

 

単純に旅行として行くのが好きなのではなく、学会や講演、手術見学などで新しいことを学べることが楽しくて好きなのです

 

例えば日本国内の眼形成系の学会に出たら、演題の半分くらいは1例報告です

 

1例報告も大事なことではあるのですが、1例報告に10分以上使うのは時間の無駄だと思うのです

 

海外の学会では一般演題に1例報告が選ばれることはほとんどありません

 

1例報告は情報が入っていないので、ポスター発表で十分です

 

海外の学会では大量のデータから結論を導き出す発表が多いです

 

それこそがサイエンスですからね

 

自分自身のデータをまとめて発表するのも非常に勉強になりますが、そうやってまとめられたデータを学ぶことにも意味があります

 

英語はハードルではありますが、何度も参加すれば慣れてきます

 

ですから若手の皆さんは是非海外の学会に参加して欲しいと思います

 

 

今回、ニューヨークに手術見学に行ったのですが、感じたのは日本が貧しくなっていること

 

ホテルでつまむ程度のビールとつまみを買っただけで50ドル=8000円くらいします

 

道端で買ったミネラルウォーターは1本5ドルでした、、、、800円ですよ(笑)

 

 

とにかく物の値段が違い過ぎるのですね

 

日本がだんだん没落している原因は内向きになって外から学ぼうとしなくなってしまい、新しいことが生まれなくなってしまったこと、そして新しいことが生まれようとしても叩いて潰してしまう国民性が問題なのだと思います

 

バブルの絶頂の頃と、その後の失われた30年を知っている世代としてはその違いが気になります

 

新しいことに目を向けなくなった日本は成長せず、30年間そのまま

 

しかし世界は成長しつづけますから、たくさんの国に追い抜かれてしまったのですね

 

そんな日本に嫌気がさして海外に出る日本人もいます

 

バブル期の日本って、もっとハチャメチャだった、そして活力もあった

 

今はなんだか活力がありません

 

海外に行くと特にそう思うのですね

 

ですから海外に出てもっと活気のある国で暮らしたいと思う気持ちも分かります

 

オリエンタルラジオの中田敦彦さんはシンガポールに移住しましたよね

 

ひょっとしたら海外の資産を買っておけば値上がり率が違いますから資産評価としても海外にお金を移しておいた方が得だよねという考えもあるかもしれません

 

そういう人生もあるのかな?このまま事業が順調にいけば、日本で資産を築けたら海外移住なんて道もあるのかな?なんて考えたのです

 

そうしたらふと気づきました

 

それって日本のお金を海外に持ち出していることになる

 

日本国内で稼いだお金で海外に移住するということは日本の国富を海外に流出させているのと同じことになります

 

いままでもこれからも日本からお金がなくなり、没落していくとすれば、僕がその一助を担ってしまうということになる

 

僕はそれはいやだ、と思いました

 

 

日本のためになることをしたい、と心から思いました

 

ではどうしたらよいのか

 

答えはその逆で海外からお金を集められれば良いということになります

 

海外に売れる商品に自分がなればいいのです

 

 

海外から患者さんが来て自費手術を受けて頂けたら、それがスタッフの人件費になり、彼らがお金を使うことで日本国内にお金が流れることになります

 

 

そうだ!これが自分がやるべきことだ!と思いました

 

幸いにして、当院で行っている眼窩脂肪減圧は、世界中でほとんど行われていません

 

教えてくださった台湾大学の廖先生は大学人なのでインバウンドなんか興味ありません

 

シンガポール、香港、中国、インドネシア、、、どこでもやっていないのです

 

それから美容外科手術後の失敗例の修正手術も、ほとんどの美容外科医は修正が出来ないので需要があるはずです

 

眼窩ブローアウト骨折手術も、眼窩腫瘍も、当院ほどのクオリティで行っている施設は無い

 

すでに差別化は出来ているのだから、海外から患者を受け入れることが出来れば日本という国に貢献が出来るのだとひらめいたのです

 

需要があるのは分かっている

 

ただそこにアプローチするにはどうしたら良いかはわかりません

 

ですが手探りででもそのポジションを取りに行ってみようと思いました

 

早速、英語と中国語のホームページを作る業者に連絡を取ってみます

 

陰ながらでも応援して頂けたら嬉しいです!

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

ツイッターなどで拡散していただけるとさらに嬉しく思います

 

2023年 手術実績 11,491件 (2022年1-12月)

うち眼瞼下垂手術 6,241件

 

元 涙道涙液学会 理事

元 群馬大学 非常勤講師(2014-20)

元 帝京大学 非常勤講師(2017-19)

元 アジア太平洋眼形成学会 理事(2010-18)

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

https://www.oc-tokyo.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

 

オキュロフェイシャルクリニック京都(NEW)

0120-47-8346

https://www.oc-kyoto.com/

MAPはこちらhttps://maps.app.goo.gl/6USXGtCSPw5FUBLG6

 

オキュロフェイシャルクリニック大阪

0120-219-609

https://oc-osaka.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/NCCpbxA1mqxNWbZ2A

 

まぶたとなみだのクリニック千葉

043‐307-7781

〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見1丁目1−13 JS Bldg 6階

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/heHEaADnoo7o1Tp9A

 

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

 

山本美憂選手との対談はこちら

https://youtu.be/OHHnJZxfziw

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

https://youtu.be/kxH9sgrlt0A

 

東京MXで紹介されました

https://youtu.be/eE2yMVMhW0U

 

OurAgeにバセドウ病眼症の治療を特集していただきました

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/187841/

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版

診療時間
8:15〜17:15 - -

[休診日]月曜・日曜・祝日
※当院の診療は完全予約制になります。

診療日カレンダーを開く
アクセス
眼形成外科 【オキュロフェイシャルクリニック 東京】
〒104-0061
東京都中央区銀座1丁目15−4 銀座一丁目ビル 8階
  • 浅草線「東銀座駅」A8出口徒歩5分
  • 有楽町線「銀座一丁目駅」10番出口徒歩4分
  • 銀座線「京橋駅」2番出口徒歩4分
GoogleMapを開く
地図
英語版 インスタグラム