BLOG医院ブログ

手術の危険性と、覚悟

手術の危険性と、覚悟

手術にはもちろん合併症は付き物ですし、全身麻酔だって、100%安全ではない。

死んでしまう場合だってあるのです。
注射ひとつでも内出血や神経の麻痺の可能性もありますし、それどころか投薬であっても、副作用で死ぬ目に会う方もいらっしゃる。

医療に100%安全はあり得ません

これは車の運転に100%安全がないのと一緒です。

タクシーに乗っていたって、事故に合う時は合うのですから、車の事故が怖いのなら、乗らないのが一番。

江戸時代には車はないから、江戸時代くらいの生活に戻ればよい。

でも馬に蹴飛ばされる可能性もあるので、いっそ、弥生時代くらいの生活すればそういうリスクは無くなります。

でも当たり前ですが、生活水準はかなり下がってしまう。
そんな生活がしたい現代人は居ないと思います。

自動車事故をゼロにしようと思ったら、自動車自体を禁止するしかなくなるのです。

何かを前に進め、行動することは必ずリスクを伴うのです。
部屋に閉じこもっていたって、命の残りは少なくなっていくのですから、そもそも生きていること自体がリスクなのですね。

積極的に医療をしていると、どうしても思った通りにならない方が出てしまいます。

当院では昨年の実績で年間3850件もの手術をしていますから、合併症を起こしてしまう方は必ず出ます。
件数がべらぼうに多くて経験値が国内トップクラスで多いですから、発生の確率自体は他の医療機関よりもかなり低いと思いますけど、掛け算してゼロにすることは絶対に出来ない。

治療を希望される方は、何らかの良い結果を期待していらっしゃるので、出来るだけご希望に応えるべく技術の向上に励んではいても、かならずどこかで何らかの合併症が起こるタイミングが来ます。

他所から見学に来た先生に、初めて減圧手術を見せたとき、こう言われました。
「よくそんな怖いことできますね!失明したらどうするんですか?」
これこそが大多数の医師の意見だと思います。
だからこそ、誰もやりたくないし、やらないのです。

でも考えてみていただきたいのですが、
「失明したらどうするんですか?」の言葉の裏にあるのは、実は自分の保身。

合併症を起こしたら、患者さんから訴えられる、そんなリスクは回避したい。そう考える医師が多い、ということなのですね。つまり自分がそんなことに巻き込まれたくないから、やらない。でも僕はこう考えるのです。

リスクはどうしてもゼロには出来ないから、減らす努力はするにしても、患者さんに合併症リスクを取って頂くしかない。
その代わり、僕は全力で時代を前に進め、次の時代にはさらに高度に治す手術方法を確立させたい。
だからこそ、他の医師から安全ではないと思われていることも(そのほとんどは勝手な思い込みですけどね)積極的に行うのです。

当院では手術前に必ず同意書を書いていただいていますが、
そこには赤裸々に合併症のリスクが書いてあります。

むしろ他の医療機関よりもよほど怖く書いてあるのです。
僕はどこかの美容外科のように売上第一!集客第一!とは考えていません。
(美容外科業界は売り上げで優劣を比較するのです)

患者さんを手術への覚悟で分けると、絶対に手術を受けたい人たち、絶対に手術を受けたくない人たち、そしてその中間で迷っている人たち、この3グループに分けることが出来ます。無理に集客するとどういうことが起きるかというと、手術しようかどうしようか迷っている人を集客することになります。

この方々は、合併症リスクを取っても良いという覚悟が無い方になります。
そして、そういう人たちにも合併症が起きることがあるのです。そうなると無理に誘った側に怨みの感情が生まれてしまうのは当然ですから、僕は無理に集客しようとは考えていません。

絶対に手術をしてより良い人生を送りたいと思っている人、そういうリスクを取っても良いと覚悟を決めている方に、来ていただけたら嬉しいです。全力で応えられるように努力します。

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

2019年手術実績 
3850件(2019年1-12月)

経歴 群馬大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
医院名 オキュロフェイシャルクリニック東京
住所 中央区銀座1丁目ビル8F
電話番号 03-5579-9995
公式サイト こちらから
MAP こちらから

バセドウ病眼症への治療
についての動画

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症
講演会の内容はこちら

 

OurAgeに特集していただきました
こちらから

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる甲状腺眼症
入門パンフレット」

 
こちらから

現物

こちらから

kindle版

こちらから

 

著者情報

鹿嶋 友敬

Tomoyuki Kashima
/ MD, PhD

患者さんへのご挨拶

これまで10年以上にわたり日米通算1万件以上の手術を行って参りました。 今までに私が培ってきた最先端医療の知識や経験を日本でお困りの患者さんの為に提供していきたいと思っています。

経 歴

2002年 群馬大医学部卒 群馬大学
眼科学教室
2004年 伊勢崎市民病院
2005年 群馬大眼科
2007年-09年 聖隷浜松病院
眼形成眼窩外科へ国内留学
2009年 群馬大にて眼形成外来を開設
2012年 学位取得
群馬大学眼科 助教
2010年-18年 アジア太平洋眼形成学会理事
2015年-16年 カリフォルニア大学
ロサンゼルス校へ留学
2017年 新前橋かしま眼科形成外科
クリニック 開院
2018年 オキュロフェイシャルクリニック
東京 開院
2019年 The NewYork Times特別企画「Next Era Leaders 2019」選出
2020年 アメリカ眼形成学会(ASOPRS)会員

海外・国内活動

2009年 Singapore National Eye Center
2010年 アジア太平洋眼形成外科学会 北京
Invited Speaker
2011年 ヨーロッパ眼形成学会 コモ(イタリア)
2012年 世界眼科会議 アブダビ
Invited Speaker Asia ARVO 
シンガポール Invited Speaker APAO 釜山 Invited Speaker
アメリカ眼科学会 シカゴ
Invited Speaker
2013年 APAO ハイデラバード
Invited Speaker アメリカ小児眼科学会
シンガポール Invited Speaker
ヨーロッパ眼形成学会 バルセロナ
2014年 世界眼科会議 東京 Invited Speaker
アジア太平洋眼形成外科学会 デリー
アメリカ眼形成学会 シカゴ
2015年 APAO 広州 Invited Speaker
2016年 KSAS(Korea Society of Aesthetic Surgery) meeting in Seoul
ITEDS(International Thyroid
Eye Disease) meeting in
London APSOPRS &
JSOPRS joint meeting session
chair iseminer
甲状腺眼症の手術治療など講演多数。
2017年 アメリカ眼科アカデミーinstructor、
韓国眼形成学会invited speaker、
中国眼形成学会invited speaker
2018年 アジア太平洋国際学会APAO invited speaker
2019年 アジア太平洋国際学会APAO invited speaker、
ITEDS invited speaker、
OPAIC invited speaker
2021年 アジア太平洋眼形成学会 invited speaker

監修・著書

メオアイス
監修

外眼部の周術期のケアに

メオアイス
名古屋眼鏡 まぶたやその周囲の手術のあとの”腫れ”や”痛み”を防止する目的で作られた医療用商品です。

アトラス眼瞼手術
著書

責任編集者

超アトラス 眼瞼手術
全日本病院出版 眼科と形成外科のコラボレーションを目指す、意欲的なアトラスが登場! オールカラーの連続写真、詳細なシェーマでわかりやすく解説されています。

眼瞼形成手術の基本手技
著書

責任編集者

ここからスタート! 眼形成手術の基本手技
全日本病院出版 眼形成外科を目指すドクターへの入門書。手術の道具や手技を詳細に解説しています。

鹿嶋先生 公式ブログはこちら
診療時間
8:15〜17:15 - -

[休診日]月曜・日曜・祝日
※当院の診療は完全予約制になります。

診療日カレンダーを開く
アクセス
眼形成外科 【オキュロフェイシャルクリニック 東京】
〒104-0061
東京都中央区銀座1丁目15−4 銀座一丁目ビル 8階
  • 浅草線「東銀座駅」A8出口徒歩5分
  • 有楽町線「銀座一丁目駅」10番出口徒歩4分
  • 銀座線「京橋駅」2番出口徒歩4分
GoogleMapを開く
地図
英語版 インスタグラム