• ja
  • en
  • zh-hans

东京都中央区银座眼整形外科 Oculo Facial Clinic东京|眼科/整形外科

Oculo Facial Clinic东京

医院ブログ

なぜバセドウ病眼症の治療をしようと思ったのか5

19.10.04

カテゴリ:GANKEISEIブログ

時間がすこし前後しますが

聖隷浜松病院への国内留学から帰郷する直前

聖隷浜松病院へシンガポールから見学に来られた先生がいらっしゃいます

Dr Seah
https://www.snec.com.sg/profile/seah-lay-leng

この先生が見学に来られたことでまた自分の人生が大きく変わります

聖隷の卒業を間近に控え、他の世界を見てみたいと思っていたところに
たまたまいらっしゃったSeah先生

若かりし頃の僕はこう言いました

「見学に行かせてください!!」

返事はアッサリOK

聖隷を辞してから、群馬大学に戻るまでの間に
シンガポールに見学にいくことになったのです

とは言っても

その頃(今もですが(笑))

 

海外まで見学に行って勉強しようという医師はほとんどいません

皆無と言っても良い

そして海外に行くといっても

旅行とは違うので

添乗員もいませんし

現地に知り合いの日本人のお友達がいるわけでもありません

今でも覚えていますが

出国前の成田空港

本当に心細くてショボーン

「お腹痛くなったので行くの止めます」えーん

って言おうかと本気で思っていました

ゲロしそうな緊張感の中、シンガポールへ

そして見学をするといろいろなことが分かったのです

日本ではマイナーでほとんど誰もやっていない眼形成

世界では普通に一般的に存在しているし

認知もされているのだ、ということに気付きます

たくさんの若手のドクターが眼形成を志しているし

みんな頑張っているびっくり

それが実感として分かったのです

たった1週間の見学でしたが

世界の眼形成の実情の一端を体験することが出来ました

そのころの僕は英語を喋ることも、理解することも出来ませんでしたニヤリ

 

受験英語はそこそこ出来ても

 

会話は出来なかったのですね
でもSeah先生は何度も繰り返したり、言い直したりして、理解してくれるようにしてくださったのです

いま思えば

Seah先生も若い時に英国に留学されていたので

留学生に優しくしよう、という思いがあったのですね

毎晩食事に連れ出してくれて

すべておごってもらいました

中国の慣習なのか

すごくいっぱい食べろ食べろと言われ

日本人的な全部食べなきゃ失礼という考えもあり

フードファイターのように食べていたら

帰国時に3キロ太っていたのを思い出します(笑)ガーン

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

2018年手術実績 3046件
群馬大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/

11月10日のバセドウ病眼症講演会
https://youtu.be/kxH9sgrlt0A

東京MXで紹介されました
https://youtu.be/eE2yMVMhW0U

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS

なぜバセドウ病眼症の治療をしようと思ったのか3

19.10.03

カテゴリ:GANKEISEIブログ

群馬大学は当たり前ですが群馬県にあります

群馬県には一つしか医学部が無いので
難症例はすべて群馬大学に集中するのです

バセドウ病の治療、大学以外で治療できる施設がありませんから
必然的に全ての患者さんが大学に集中します

僕が聖隷から帰ってきた当時は
先代の岸教授がバセドウ病眼症も診ておられたのです
(その他の難症例も全部診られていました)

全国の医療機関で行っているステロイドパルスとその後の内服治療

通常は3クール行うことが多いのですが
群馬大では2クールでした(金土日の3日間を2回)

岸先生が、患者さんの負担を考えてのことです

それでも入院になりますから
とても大変ですよね

最初の頃は、岸先生が治療方針を決定していました
僕のところに回ってくる患者さんが少なかったのです

眼瞼下垂など他の治療をやっていくのが精いっぱいで
あまり時間と関心を向けられなかった、という事情もありますね

そうしているうちに、バセドウ病眼症の初診を僕が取るようになります
他の先生方は、バセドウ病眼症に関心がまったくありませんから
僕が最初から診るよ、ということになりました
(そのかわり黄斑変性とか僕に回さないでね、とも伝えてます。バーターです(笑))

群馬大のバセドウ病眼症の患者さんを診ているうちに
患者さんのいろいろな人生を知ることになります

40年前に発症して、ものすごい眼球突出のまま生きて来ざるを得なかった方

バセドウ病眼症を発症してから、旦那さんがDV夫になってしまい、離婚してシングルマザーになった方

診ていくうちに
これは人生が大きく変わってしまう病気で
これは誰かが治してあげないといけない
と強く思うようになるのです

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

2018年手術実績 3046件
群馬大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/

11月10日のバセドウ病眼症講演会
https://youtu.be/kxH9sgrlt0A

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS

大忙し3

19.10.03

カテゴリ:GANKEISEIブログ

今日は前橋で4件オペ

涙囊鼻腔吻合1人
眼窩減圧2人
悪性腫瘍の切除と再建1人
そのあと東京へ
午後外来なんです
いつも東京にいる時はホテルなんですが
何度も泊まってるホテルに行き
荷物を預けようとフロントに
お願いしまーす、と言ったら
鹿嶋友敬様ですね?
わかりました。
 
 
顔パスでした😂
いつも泊まってるからね笑

なぜバセドウ病眼症の治療をしようと思ったのか4

19.10.03

カテゴリ:GANKEISEIブログ

眼窩減圧っていう方法があるので
大学で手術をやってみたいのですがよろしいでしょうか?おねがい

岸教授に尋ねました

「あんまりよいと思えないけどね!!

いいんじゃない?やってみたら!フンッ」

結構、投げやりな感じで言われガーン(笑)
それから減圧術を群馬大学でしていくことになるのです

思えば眼形成がマイナーだったころ

減圧するなんて、とんでもない患者負担になると思われていたのだと思います

実際に両側手術する時は長い入院が必要でした。

全麻の枠は木曜日の午後だけでしたら
まず右、翌週に左、というように2週に渡っての入院が必要だったのです

(それを考えると、今は両側同時手術で日帰りとかすごい!)グラサン

そのころそういう手術をしているのは
原宿の眼科しかありませんでしたし

眼科医にとっては骨をいじるなんてホラー!

な常識だったのでそういう反応だったのです

でもね

バセドウ病眼症の手術治療

眼形成の知識と技術をフル動員しないと対応できないのです

眼窩の構造を知るのはもちろんのこと

眼窩の骨を削るとなると、その向こうにある組織も知らないと骨を切除出来ませんし

眼窩脂肪を取るのであれば、眼窩内の網目のように張り巡らされた血管や神経を知る必要があります

眼瞼後退や眼窩脂肪ヘルニアになってまぶたもおかしくなりますから
その構造に精通していないとまぶたも治せません

眼科の手術の中で一番難しいと言っても良いくらいです

だからこそ、教授は勝手にやったら?
みたいな反応だったのですね

そこから群馬で一人、バセドウ病眼症と格闘していくことになりますニヤリ

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

2018年手術実績 3046件
群馬大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/

11月10日のバセドウ病眼症講演会
https://youtu.be/kxH9sgrlt0A

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS

なぜバセドウ病眼症の治療をしようと思ったのか2

19.10.01

カテゴリ:GANKEISEIブログ

聖隷浜松での2年にわたる研修中
ほんの2-3例の眼窩減圧を行いました

戻ってから続けられるように

骨折などでいじっている部位ではありますが
骨を元に戻すのではなく、削る手術

若干の手技の違いがありました

聖隷浜松で経験しておいたことで
その後、2009年に群馬大学に戻ってからも手術をやり続けることが出来ました

今でこそ増えた眼窩脂肪を切除するなんてことをしていますが
その当時は、というか世界的には今もですが、眼窩の骨を削るのが主流なので
硬い組織を切除するのは、言葉のとおり、「骨が折れる」のです

外壁の減圧は頑張っても片側1時間かかりますからね

患者さんも医者も大変です

大学病院のような大きな組織では
脳神経外科や救急科の先生方もいらっしゃるので
何かあればすぐ他科の先生方のお世話になることが出来ます

最初はごく限られた患者さんだけに

そのうち徐々に慣れてきたらより軽症の方にも

でも大変な手術なので
年にほんの数例だけ

公務員だったら世の中に知ってもらう方法もありませんし、、、、

そんな感じでちょこちょことやっていましたが
本格的にやるような状況ではありませんでした

それでも、そもそも眼窩減圧をやっている施設が少ないので
その頃でも、愛知医大の次に手術をやっていたと思います
(今は全国でダントツの数やってます!!)

公務員だったので自分のホームページなんか持っていませんから
患者さんに知ってもらうこともなく
群馬県内の患者さんだけ、手術治療していくことになります

次回は最初に減圧手術を始めたときのことを書こうと思います

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

2018年手術実績 3046件
群馬大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/

11月10日のバセドウ病眼症講演会
https://youtu.be/kxH9sgrlt0A

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS

なぜバセドウ病眼症の治療をしようと思ったのか

19.09.30

カテゴリ:GANKEISEIブログ

皆様、ご無沙汰しております爆笑

インドの学会のダメージ余韻が大きすぎてしばらくブログを書く元気がありませんでしたガーン

実際にはその後ドイツの学会に行って
そこでも脂肪減圧の話をして
とても評価していただいたのですが、大した話でも無いのでその話は省略します

今回は僕がなぜバセドウ病眼症の治療をしたいと思ったかについて書きたいと思いますウインク

群馬大で5年間の研修を経て
聖隷浜松病院・眼形成眼窩外科の門を叩いたのは2007年でした。

その頃はまだ眼形成という言葉自体が浸透していなくて
大学で国内留学の相談をしても

なにそれ?滝汗

みたいな反応しかなかったのを思い出します笑い泣き

大学でも当時の岸教授と、直属の上司だった本間先生しか賛成してくれずガーン

陰に陽に、陰口をたたかれていただろう雰囲気をびんびんに感じました。

だって、海外留学したドクターはいっぱいいても
国内留学したの、群大眼科の歴史が始まってから70年、僕一人しかいませんからね(笑)
今も僕だけ(爆)ウインク

さて、眼形成手術の習得を目指して国内留学したのは聖隷浜松病院

全国トップの、というか当時唯一の眼形成を学ぶことが出来る施設でした

そこで見るものはすべて新しく
当時の群馬では不治の病に分類されるような病気をバンバン治していました

まさに異世界
眼科医が到達できると思えない高みにあったのです

そんななんでも治療する聖隷浜松病院でも
治療を行っていなかったのがバセドウ病眼症だったのです

眼窩手術の知識・経験はあれど、さまざまな理由で手術を行っていませんでした

眼窩の病気を診れる医療機関がそんなにあるわけではありませんから
他で治らない甲状腺眼症がたまーに来ていたのです

他の病院で、眼窩内下壁を切除されて目は引っ込んだけど
下にも落ち込んでしまってむしろ手術前より左右非対称になってしまった方とか滝汗

圧迫性視神経症になってどうにもこうにも治らないおばあちゃんとか滝汗

全国で治っていなくて苦しんでいる患者さんが多いということが分かったのです

論文を検索すると、手術法はいろいろと開発されている
だけども当時国内でしっかり減圧手術が出来る施設がほとんどない

そういう状況をみて
これは自分自身が手術をやっていくしかないと思ったのですニコニコ

つづく  のか?(笑)グラサン

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

2018年手術実績 3046件
群馬大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/

11月10日のバセドウ病眼症講演会
https://youtu.be/kxH9sgrlt0A

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS

東京でバセドウ病眼症について講演会を開催します(11/10(日))

19.09.28

カテゴリ:医院からのお知らせ

バセドウ病眼症講演会は大盛況のうちに終了しました。
当日の講演は下記YoutubeLiveよりご覧頂けます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この度、バセドウ病眼症について講演会を開催することとなりました。
バセドウ病眼症について適切な治療を受けていない患者様は多いと考えており、そんな患者様に対して当院の治療方針をお話します。
日帰りのパルスをする意味、トリアムシノロンをなぜまぶたから注射するのか、眼窩減圧術の種類とその有効性。
バセドウ病眼症でお困りの患者様の一助となれば大変うれしく思います。
またバセドウ病眼症に携わることのある眼科医、内科医の先生方にも是非ご参加いただけたら幸いに存じます。

■講演名
もはや不治の病ではない!?
バセドウ病眼症への治療
~オキュロフェイシャルクリニック東京の流儀~

■日時
11/10(日) 10:30~(開場10:00)
※オキュロフェイシャルクリニック東京の内覧会を9時~13時に行います

■場所
フクラシア丸の内オアゾ ホールB
東京都千代田区丸の内1丁目6−5 丸の内北口ビルディング 16階

■参加費
無料

 

■抄録
バセドウ病眼症(甲状腺眼症)は現役世代に発症する病気であり、眼球周囲の脂肪や眼を動かすための筋肉(外眼筋)が腫れてしまい、眼球突出、眼球の後ろの痛み、羞明、ドライアイ、なみだ目、つり目、充血、まぶたの腫れ、ダブって見える(複視)などが起こる病気です。

活動期の治療は、全国的には入院しての3クールのステロイド点滴や退院後のステロイド内服が行われています。そして非活動期には目の周囲の手術が検討されますが、加療のハードルは高く2-3週間に渡る入院が必要であるため、その適応が限られ、軽症であれば放置されていることが多いと感じます。

我々はこのような状況で悩んでいらっしゃる患者さんへ出来るだけ時間的にも金銭的にも負担の少ない治療を行いたいと考え、すべての治療を通院で、日帰りで、行うことが出来るようにしています。

今回の講演会は、既存の治療と全く異なるバセドウ病眼症に対する治療方針をお話したいと思います。
もう一つの問題点はバセドウ病眼症のことを正しく理解している医師が非常に少ない(眼科医、内科医含む)ことです。本講演会はバセドウ病眼症を患う方だけでなく、眼症に携わることのある眼科医、内科医の先生方にも是非ご参加いただけたら幸いに存じます。

インドの学会21

19.09.21

カテゴリ:GANKEISEIブログ

プレゼンが本当に全部終わった。

かなり濃密な学会だった。

いろいろなことがあったなあ。

来る前は不安だったけど

実際にとんでもないことばかりだったけど

それでも終わってみると、来てよかったと思えた

やはり知らないことを経験するのは良いことだ

帰りがけにある若いドクターから声をかけられた

なんで知ってるの?と聞くと

もちろん知ってますよ!

えらいドクターたちが、
Dr.Kashimaは絶対に呼ばなきゃだめだ

って、何度も言っていたんですから!!

それを聞いてとても嬉しくなった。

コネで呼んでもらえたんじゃなく

これまでのプレゼンテーションを見てくれて

それで呼んでくれたんだ

嬉しかったので最後に写真を撮って

お見送りまでしてもらった

帰りはあのエアインディア

でも満足感でいっぱいで、そんなに不自由は感じなかった。

ブログ更新頻度上げてきましたが、今後は通常営業に戻ります

インドの後に行ったヨーロッパの学会でも実は大注目してもらったので
今後は海外の講演活動頑張らないといけない気持ちになりました

正直、最近いろいろな風圧を感じることがあります
日本は横並びの文化ですから
頭一つ出ようとすると足を引っ張る先輩が必ずいます

聖隷浜松から戻った時もそうでした
群馬大の中で先輩から表でも裏でも足を引っ張られました

でも全国の学会で結果を出していくうちに
自然と風は僕を避けて吹くようになったのです

いまはそれと同じ状態

海外でも結果を出していくと
恐らくそれが国内に響き
風が避けて通るようになり
僕がやっているバセドウ病眼症への治療が一般的になっていくと思います

そういう未来になるように
またしばらく頑張りたいと思います

ひょっとしたらブログの更新頻度が落ちるかもしれませんが
そのときは何か違う仕掛けを考えているんだろうなあと思ってください。

今の時代を前に進めるには、皆さんの支持が絶対的に必要です。
(「天才を殺す凡人」より 北野唯我著)

今後も応援よろしくお願いします。

2018年手術実績 3046件
群馬大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS

インドの学会20

19.09.20

カテゴリ:GANKEISEIブログ

発表は5分

バセドウ病眼症に対するアセスメント、という題だ

お題は難しいものではない

なので

スライドを作るのは出来る

ただそこから読み原稿を作ってとなると

時間が足りないかもしれない

どうするか。。。。

よし、原稿なしでやってみよう

海外で講演を初めて10年超

原稿なしの講演は、本当に初めて

だが、こんな機会はめったにない

ある意味自分の能力を伸ばすチャンスでもある

失敗したって、だって全然いわれてなかったもーんと言える

だから決めた

翌朝までにプレゼンを仕上げ

そのまま英語でプレゼンを行う

アドリブで、前日の夜に知らされたんだよって言ったら会場が爆笑

実際、多少の難しさはあったし、質疑応答もあったので

それなりに緊張はしたけれど

無事に終わることが出来た

レベルが上がった
ドラクエのレベルアップの音楽が鳴った気がした

https://www.youtube.com/watch?v=olX0esIeti4

2018年手術実績 3046件
群馬大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS

インドの学会19

19.09.19

カテゴリ:GANKEISEIブログ

自分の発表が無事終わり

あとは気楽にほかの先生方の講演を聞く

世界中の先生方のレクチャーはやはり勉強になる

考えると当たり前の話だが

日本の人口は1億2千万

 

世界の人口は70億

単純に比較して世界には日本の60倍の知識が溢れているのだ

だから僕は海外の学会に参加する

海外の大きな知識を手に入れるために

正直、日本の眼形成は世界から見てかなり遅れている

いまだに明治から昭和初期くらいの手術をやっている施設が多い

クレンラインさんとか
リンチさんとか
ウェルシュさん
オグラさん

いずれも1800年代から1900年半ばの人たちの手術だ

写真が白黒の時代

日清戦争の時代

そういう手術はもうやめた方が良いと思う

それはさておき

二日目が終了

またまたカルチュラルプログラムがあるらしい(笑)

今日はすこし参加してみよう。

8時からとのことなので少し時間がある

ナッツ姫の部屋に行き
明日のナッツ姫の動画のプレゼンを作ることにする

彼女のパソコンを使って、動画の作り方をレクチャーする。

といって、スライドがすでに出来ているので
それほどやることはない

スライドの切り替え時間を選ぶ

名前を付けて保存で
MPEG4で保存を選ぶ

たったそれだけだ

だがスライドに埋め込んだ動画がきちんと動くかどうか
スライドのアニメーションが動くかどうか
スライド1枚の時間配分が適当かどうか

いろいろと調整が必要になるのだ。

やることは少ないのだが
動画の保存にとても時間がかかる

取り組んでいると

そこで大事件が

ナッツ姫が言う

あら、明日あなたの名前があるわよ

え?

えっ~~~~~~~!!!

ホントだ

名前がある!!

ナッツ姫が笑う

私もそうだったのよ

だから言ったでしょ!!

学会の1か月前に貰った発表の担当の表には記載されていなかったのに、、、、

前にも書いたが
英語のプレゼンは、普通1か月前から用意する

それが前日の夜に分かるなんて、、、、

そうだ、ここはインド

多分、欠席しても誰も僕を責める人(インド人)はいないはず

出来ない、と言ってしまおうか、、

とても悩んだ

だが

いやモットーは
Noと言わない日本人

出来るだけやってみることにした

2018年手術実績 3046件
群馬大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS