• ja
  • en
  • zh-hans

東京都中央区銀座の眼科形成外科 オキュロフェイシャルクリニック東京|眼科・形成外科

オキュロフェイシャルクリニック東京

お知らせ

再審査請求の返答

21.06.14

カテゴリ:銀座ブログ


再審査請求の返答

東京では眼窩減圧が査定されたという話をしました

そのため現在、OFC東京では保険での眼窩減圧術を行っていません

(前橋では行っていますので、ご希望の方は
お待ちしています)

1月から4月上旬まで行っていた眼窩減圧術の請求は減額査定されて戻ってきているのですね

戻ってきたもの(返戻といいます)に対して、医療機関側は再審査請求ということをすることが出来ます

もう一度、考え直してねってメッセージを送ることが出来るのです

その再審査請求にこう書きました

「皮膚を切って、骨を外してというオリンピ〇眼科と同じ術式で眼窩減圧術を行いました」

オリンピ〇眼科と同じ術式でやっていると言われて、それでも否定することが出来るのか

そうしたら、添付した写真のような再度の返戻が来たのですね

そこにはこう書いてありました

「図示」すること

そして

「手術開始及び終了の時間を記載」すること

この二つを書いた意味を見てみます

こういうのはどこに意図が隠されているかを考えると良いのですね

東京支部としてはどうしてもOFC東京で行う減圧術を否定したいのですね

背後にいるオリンピ〇関係者を守りたい(?)
だけでなく

いままで減圧術を否定してきた自分たちを否定したくないですからね

だからこの二つで引っ掛けて、オリンピ〇との違いを
鮮明にして

OFC東京の減圧術は、減圧術ではない!としたいのです

まず図示することです

図示となると、どうやっても多少の差を出すことが
出来ます

何から何まで同じように書けませんからね

ゾウの画を書いてって言ったら、百人が百人、違う絵を書きますよね

だから否定しやすい、手ぐすねを引いて待っていると思います

それから手術開始時間及び終了時間を明示、ということです

これは何を意味するのか

つまりOFC東京で行っている減圧術は、素早く終わるのだから減圧術ではない、としたいのです

オリンピ〇眼科など他院で行う減圧術は非常に時間がかかります

おそらくオリンピ〇眼科では片眼2時間

施設によっては8時間かかるところもあると聞いてます

僕がやれば、片眼30分前後、それ以下で終わることも
多い

何でだと思いますか?

自分で言うのもなんですが、腕が全然違うのです

(自慢じゃないよ)

僕は若いうちから普通の眼科医の仕事を全て捨てて、眼形成に特化して15年やってきました

(眼科医としては落第です)

しかも他のドクターよりもたくさん働いて勉強もしています

30代は、日曜日はかならず大学の研究室で何かの仕事をしていましたし

平日も夜10時くらいまで研究室で勉強していました

だからマラソンで例えると、みんなが10㎞くらいのところを走っていると仮定すると

僕は35㎞くらいの地点を走っているようなもの

他で例えるなら、高校球児とイチローくらい違うのです

すでに今から頑張ったところで追いつける地点にいないのですね

(相川先生とか土居先生とか当院ドクターに聞いたらわかります)

だから手術時間はとっても短いです

他施設の先生方の眼窩手術の3~4分の1くらいの時間で手術が出来る

そうなんです

めちゃくちゃ勉強して、めちゃくちゃ実地で仕事しないと腕が上がらないのですが

国内外、2回の留学を経て、やっとここまで来ているのですね

そこで、手術時間を聞いてきた意味をもう一度考えてみましょう

オリンピ〇眼科は、片眼2時間

当院は両眼やっても1時間かからない

だからOFC東京の減圧は減圧ではない!ってやりたいのですね

でも考えてみてください

患者さんにとって、むやみやたらに時間が長い手術が良いかと言えば

絶対にそんなことはない

組織と言うのは侵襲を加えれば加えるほどダメージになりますからね

4倍の時間がかかるということは4倍ずっとイジっているということ

わかりやすく言えば、蚊に刺されてかゆくて掻く時に、ちょうどよいところの4倍掻いてしまったら、皮膚がボロボロで真っ赤になって血も出てきますよね?

4倍の時間がかかるということは、その間ずっと組織を痛めつけているのですから

ダメージは単純に4倍になると思っていただいて間違いないです

手術時間が短ければ、保険が減額される、となれば医療機関に早く終わらせるインセンティブはありませんから

医者も長くタラタラやっていた方が良いという
ことになる

こんなの誰も得をしません

だから手術時間と保険請求は関係があってはいけないのです

今回これを聞いてきたということは、手術時間が短く、侵襲が少ないことを槍玉にあげようとしているので

返答の書類に書きたいと思います

「手術時間の長短は保険請求と関係があるのですか?」と

また返事が来たら、ここで公開していきます

例え僕が東京支部や審査委員のドクターやその他の既得権益層からの的になったとしても

世の中の過ちは、出来るだけ正した方がよいし、それが日本人の魂や誇りだと思っています

東京五輪は開催するべきか

21.06.07

カテゴリ:銀座ブログ


東京五輪は開催するべきか

東京五輪を開催するかどうか、議論の的に
なっていますね

読売新聞の調査だと現時点で若干開催支持派が多いとのこと

みなさんはどちらですか?

僕は、、、、、、開催支持する側です

その理由を説明したいと思います

まず、開催されるのはあと1.5ヶ月後ですね

現在、自治体の接種率がかなりの速度で上がっていますから

1.5ヶ月後には希望するかなりの人数の方が接種されている
状態です

一般の人たちにワクチンが広がっているのである状況になっている

そうなると市中の感染拡大は起こりにくいであろうというのが一つ

それからワクチン接種した人はそもそもウイルスに感染しにくく

感染してもまき散らすほどの重症化はしない公算が
大きい

五輪選手は全ての人が、IOCからワクチン接種をしてもらえていますから

変異株も含めて選手が国内にウイルスをまき散らす可能性は低いのですね

つまり五輪選手を媒介とした感染拡大は起こりにくいということが一つ

五輪以外のスポーツではJリーグとか野球とかで有観客での試合はされていましたし

演劇などはいまでも開催されています

劇団四季なんかもやっていますし

帝国劇場も全然普通にやっています

そこでクラスターが発生したという事例がない

つまり観客同士での感染拡大は起きていないません

だから観客入れて試合しても感染拡大にはつながらないであろうというのが一つ

以上の3つの理由で感染拡大は起きないだろうというのが僕の見立てなのですね

でも開催支持なのは上記の理由ではありません

ではなんで開催支持なんだと思います?

それは、、、、、

絶対に人生の中で大きな思い出になるからです

不謹慎なことを言いますが!

現在のような状況で、海外の五輪選手が100%のチカラを出して競技に臨めると思いますか?

選手村から出ちゃダメで、食べ物も制限されるような状態です

つまりベストコンディションではない公算が高い

翻って日本代表選手はどうでしょうか?

自宅やホテルなどで普段と同じようにコンディションを整えることが出来ますよね

いつも通りにコンディション作ることが出来ます

どうです?

そうなったら日本選手が金メダルとる確率がかなり上がるのは間違いない

僕は前回の東京五輪以上に金メダルを取るのではないかなと予想しています

次の五輪が日本で開催されるのは50年くらい後
になるので

僕は生きていない公算が大きいですが

次の五輪までの日本国民の大きな財産になるのは間違いありません

必ず五輪は開催され、そして良い思い出が残ると
思います

だから皆さん、出来るだけ都合つけてオリンピック観戦したほうが良いですよ

誰かが金メダル取る瞬間を見ていたら絶対に記憶に残りますから!!

ドーハの悲劇とジョホールバルの歓喜をライブで見ていた僕が言うのだから間違いありません!

”当たり前だけど、人はみんな違う”

21.06.06

カテゴリ:銀座ブログ

以前のブログにも書いていますが、当院で採用する事務スタッフは何かしらの特徴を持った人ばかりです

経歴が普通に医療事務を何年もやってきました、という方は採用していないのですね

何故かと言えば、当院で行っている診療スタイルが独自すぎて以前の医療事務の経験がほとんど役に立たないので経験者である必要性がないということが第一点

それから、これからグループが大きくなるに従ってどういう人を採用したら良いのかという実験をしたいので、いろいろな職種を採用して見たいというのが第二点

前職が医療事務であると、以前の職場の常識という「医療業界の悪しき慣習」を持ち込んできてしまう可能性があるということが第三点

以上の3つのことがあって、医療事務経験者は採用していないのですね

そんな中で、2年前にディズニーがやっている社員研修プログラムにスタッフ全員を連れて行ったのですが、その時の講師やってくれた方がこの4月に当院に入職しました

オリエンタルランドで30年も働いていてからの転職なのでこちらとしても緊張したのですが

いままでの経験を踏まえていろいろと院内研修をやってくれています

で、彼女もブログをやっているのですが、それを紹介しますね
ブログを見る

年齢が若い時って、まだ周りが見えていないし、自分の人生も見えていない

当院のスタッフは、若い人が多いからこそ、謙虚に自分を見つめて、上手に成長してくれると良いなと思います