• ja
  • en
  • zh-hans

東京都中央区銀座の眼科形成外科 オキュロフェイシャルクリニック東京|眼科・形成外科

オキュロフェイシャルクリニック東京

医院ブログ

外国人も働くクリニック

20.12.19

カテゴリ:ブログ

 

以前もブログに書きましたが、当院では、いろいろな経歴を持ったスタッフの採用を行っています

https://ameblo.jp/kashitomo52/entry-12640183120.html

 

 

いろいろな業種の方を採用しているのですが

 

中でも一番の変わり種は、、、、、、

 

 

 

 

ベトナム人のスーさん!

 

 

 

 

 

医療事務って、日本語が出来なくてはいけません

 

 

医師が患者さんに伝えていることを正確に聞き取り

 

それをカルテに書き留めておくだけでなく

 

提案している手術の種類を察知して

 

あらかじめ同意書をプリントしていなくてはなりません

 

 

だから日本語の能力が無いと出来ないのですね

 

 

 

それから手術や診療の介助も行うことがありますが

 

おじいちゃんおばあちゃんと会話する必要があったり

 

手術道具なんかも日本語で覚える必要があるので

 

医療の現場には、普通は外国人はいないのですね

 

 

 

でこのスーさん

 

前回の募集の時に応募していただきました

 

 

 

送られてきた履歴書の分量がすごくて

 

正確には憶えていませんが、10頁くらいあったかもしれません

 

他の日本人よりも全然多い

 

それも全部日本語で書いてあります

 

 

 

履歴書を見ると

 

ベトナムのトップレベルの大学(ベトナム国家大学ホーチミン校)から青山学院大学へ交換留学で来日し

 

その後、ベトナムに進出している日本企業で働いていたのですが

 

もう一度、日本で働きたいということで再度来日して仕事を探していたとのことでした

 

 

 

僕は2014年に1か月、2015年から16年にかけて約1年間

 

アメリカに住んでいましたから、外国に住む、ということの大変さが分かります

 

もちろん楽しさもありましたが

 

異国の生活は、やっぱりストレスが多いのですね

 

留学する人がいても、ほとんどの人が日本に戻ってくるというのは

 

つまり日本の方が、生活しやすいからなのですね

(中国人、韓国人はそのまま住み着いてしまう人が多いらしいです)

 

 

 

 

もちろん彼女は履歴書から垣間見える言語能力の高さも良かったのですが

 

そこまでして日本で働きたいという意欲を買って

 

採用してあげたいと思ったのですね

 

 

そして日本人ばかりの医療の現場に混ぜてみたら

 

どんな反応が起きるのかを見てみたかった

 

 

 

スーさん、英語はネイティブに近いので

 

他にも元CAとかホテルマンとか英語が使えるスタッフが何名かいますから

 

飲み会の時は英会話教室が始まります

 

 

先日、ウルフギャング行ったときは、まさに米国にいるような気分になりました

 

 

 

小さくて可愛い彼女ですが(身長150センチくらいしかない)

 

昨日、すれ違ったときにプレゼントをもらいました

 

 

 

 

 

ベトナムのインスタントコーヒー、だそうです

 

 

コーヒー、ミルク、砂糖が一緒に入っているインスタントコーヒーですね

 

いつもコーヒー飲むときはブラックなのですが

 

今回はちょっと甘め

 

東南アジアの味がしました

 

 

 

そんなことがあったので、彼女のことを書こうと思ったのでした

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

 

現 涙道涙液学会 理事

元 群馬大学 非常勤講師(2014-20)

元 帝京大学 非常勤講師(2017-19)

元 アジア太平洋眼形成学会 理事(2010-18)

 

 

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/cms/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

 

 

 

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

 

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版

厚生労働省への質問

20.12.17

カテゴリ:ブログ

社会保険支払基金の群馬支部が皮膚を切り、骨を外す手術でないと保険が通らないと言われました

 

その書類には、文句があったら、関東信越厚生局に問合せを、との文言が含まれていました

 

 

問合せを行ったところ、厚生労働省へ上げるので、質問書を用意してくださいとの返事でした

 

 

ここで結論が出ます

 

眼窩減圧を保険でやるには何が必要なのか

 

皮膚を切ることが必要なのか

 

骨を外して戻すことが必要なのか

 

外すだけでいいのか

 

 

すべての結論がここに出ます

 

そのために質問書を書きました

 

患者負担のより少ない術式が低い点数になるなんておかしいのですから

 

 

賢明な判断をしてもらいたいものです

 

 

質問状はこちらです

よろしかったら、読んでみてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

 

現 涙道涙液学会 理事

元 群馬大学 非常勤講師(2014-20)

元 帝京大学 非常勤講師(2017-19)

元 アジア太平洋眼形成学会 理事(2010-18)

 

 

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/cms/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

 

 

 

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

 

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版

 

すきやばし次郎に行ってきました

20.12.16

カテゴリ:ブログ

 

すきやばし次郎に行ってきました

 

 

以前からブログで何度も書いていますが

 

僕はほとんど趣味がありません

 

 

唯一の例外が飲食店

 

店によって接客の仕方や、味の出し方が異なる

 

 

つまり売りにしているサービスが違うのです

 

 

飲食店のサービスって、医療とかなり似ていますから

 

自分自身を見つめ直すことにも繋がるのですね

 

 

 

そして僕は将来のためにお金を残すことに興味がありません

 

むしろ現代にしっかりお金を使って、社会に還元したいと考えています

 

 

 

だからこそ、患者さんから頂いたお金を使って

 

しょっちゅうスタッフを高級なお店に連れて行くのですね

 

 

 

スタッフがサービスを受けていないと

 

良いサービスを患者さんに提供することが出来ませんからね

 

 

 

先週行ったのが、すきやばし次郎 六本木ヒルズ店

https://goo.gl/maps/hUtBc9zdr5TMCPxx6

 

 

かの有名な本店はクチコミが悪すぎて遠慮させていただきました(笑)

https://goo.gl/maps/HkaW1sAtCSvnyNDB7

 

 

 

カウンター貸切、8名でお邪魔させていただきました

 

 

 

このお店では大将が鮨にまつわるウンチクをいろいろ話してくれます

 

 

 

まさに昭和のガンコ親父のやっている寿司屋のイメージで

 

学ぶような意欲のある方は大丈夫だと思いますが

 

そういう雰囲気がダメな方はご遠慮くださいね

(カップルの時は全然話さないって言ってたけど本当だかどうだか笑い泣き

 

 

 

で、本題です

 

 

クチコミを読んでいただくと分かるのですが

 

結構お酢が強いので好みではない、という意見が多いのです

 

実際に食べてみると、確かに酢が強く感じます

 

 

 

で、大将のウンチクが面白かったので、紹介しますね

 

 

以下、大将です

 

 

酢飯というのは、どの酢飯も酢の濃さは一定なんだよ

 

だっていっぱい酢を入れたら、シャリがべちゃべちゃになっちゃうでしょ?

 

だからどの店のシャリも、酢の濃度は一緒

 

じゃあなんで酢の濃淡を感じるかというと砂糖の量によるんだよ

 

シャリに砂糖を混ぜると、表面が砂糖でコーティングされるので

 

蒸気が逃げないし温度も逃げないから、シャリが長く持つようになる

 

だから砂糖を混ぜているんだよ

 

 

 

じゃあそもそも砂糖と生魚が合うかって言ったら合わないんだよ

 

だって砂糖と生魚合わせた料理なんてないじゃない

 

 

だからうちでは砂糖を最小限しか使っていない

 

 

でもそうするとシャリが持たないから、お客さんの来店時間に合わせて

 

昼2回、夜2回、小分けにして炊いているんだよ

 

そして補温を良くするために、お櫃をわらで編んだ籠に入れているんだよ

 

 

 

 

 

ここまで聞いて、本当に関心しましたが

 

まさにその道のプロ意識を感じました

 

 

こういうウンチクが、出てくる料理の全てにあります

 

つまり一つ一つを細かく考えて、その中でベストを選んでいる

 

理由の無いことはやらないのです

 

 

 

これって手術でも一緒なんです

 

弟子の先生を教えていると、「なんでその手技をしたのか」

 

という答えがないままに手術をしていることがあるのですね

 

 

理由がないまま、何となく見た目が同じになるようにしているに過ぎない

 

 

寿司で言ったら、見た目が同じ寿司でも、味が全然違う、ということが起こりうる

 

 

 

僕は一つ一つの手技の意味をいつも考えながら手術をするので

 

同じプロ意識を感じたのでした

 

 

 

自分からあんなには語らないですが

 

僕の出すメニューには全て意味があります

 

 

だから患者さんに訊かれても、見学の先生に訊かれても

 

答えに詰まったりすることはほとんどありませんし

 

知らないことは知らないと言えます

 

 

 

それはそこに至るまでの思考と挑戦の量に絶対の自信があるからなのです

 

そういう匂いを感じることが出来て、非常に勉強になりました

 

以下、目の保養にどうぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

 

現 涙道涙液学会 理事

元 群馬大学 非常勤講師(2014-20)

元 帝京大学 非常勤講師(2017-19)

元 アジア太平洋眼形成学会 理事(2010-18)

 

 

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/cms/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

 

 

 

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

 

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版