東京都中央区銀座の眼科形成外科 オキュロフェイシャルクリニック東京|眼科・形成外科

オキュロフェイシャルクリニック東京

医院ブログ

アメリカ眼科会議に参加してきました

18.11.04

カテゴリ:ブログ

アメリカ眼科会議がシカゴで開催されました。そこに昨年同様、眼窩減圧術の実習のインストラクターとして参加してきました。
眼窩減圧術は複雑な立体構造を示す眼窩周囲の骨をどうやって削るかが、カギになります。
日本では教科書で読んで勉強したら次は実際の患者さんにしなければならないのですが、アメリカではご遺体を使わせていただき、実際の手術の前に練習ができるのです。アメリカの若手は眼科でも他の科でも、最初にそうやって練習します。(日本では倫理的な問題で不可能なのですが、実際には患者さんに不利益を強いているのです。)

例年UCLAが主導して行うコースですが、今回も誘ってもらってインストラクターとして参加してきました。
当院のドクターを連れて行きましたので、しっかり教え込むことが出来ました。
また来年の2月にシンガポールでバセドウ病眼症の国際学会があり、解剖のコースにインストラクターとして招聘されています。当院のドクターも参加しますので再度教えてきます。
常に最良の結果を出せるように努力を続けていきたいと思っています。

昨年度実績2000件(うち眼瞼下垂手術941件、眼窩減圧250件)
群馬大学 眼科 非常勤講師
帝京大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
アジア太平洋眼形成学会 理事
オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/

プチプラのあやさんに当院で受けた手術についての感想をアップしていただきました。

18.11.02

カテゴリ:ブログ

有名なYoutuber プチプラのあやさんに当院で受けた手術についての感想をアップしていただきました。
とくに合併症もなく、経過良好だったので満足していただけました。少しでも多くの困っている患者さんへ、治療があることを知っていただけたらと思っています。

休診のお知らせ(10月24日(水)〜11月1日(木))

18.10.24

カテゴリ:ブログ

10月24日(水)〜11月1日(木)は医師が学会参加のため休診させていただきます。

大変ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

甲状腺眼症のパンフレット

18.10.06

カテゴリ:医院からのお知らせ

バセドウ病眼症について解説した小冊子です。患者さん達から眼症についての情報が少なく病気のことを知ることができないと言われることが多いため、 同年代の ドクターに声をかけて小冊子を作成しました。
およそ1時間程度で読み終えることができる分量だと思います。今後 Amazon などでも販売を行っていく予定です。

https://oculofacial.page.link/pamphlet

金額は300円(+レターパック350円)です。

作成に1冊500円かかってますが(汗)

そのうちトントンくらいまで上げさせていただくかもしれません。

バセドウ病眼症の方々は家具の隙間に落ちているような状態になっていることが非常に多いと感じています。
すこしでもそのような方々がいなくなると良いなと思っています。

甲状腺眼症パンフレットの販売

18.10.05

カテゴリ:医院からのお知らせ

バセドウ病眼症について解説した小冊子です。患者さん達から眼症についての情報が少なく病気のことを知ることができないと言われることが多いため、 同年代の ドクターに声をかけて小冊子を作成しました。
およそ1時間程度で読み終えることができる分量だと思います。今後 Amazon などでも販売を行っていく予定です。

 

https://oculofacial.page.link/pamphlet
金額は300円(+レターパック350円)です。作成に1冊500円かかってますが(汗)

そのうちトントンくらいまで上げさせていただくかもしれません(笑)

バセドウ病眼症の方々は家具の隙間に落ちているような状態になっていることが非常に多いと感じています。
すこしでもそのような方々がいなくなると良いなと思っています。

遠方の方々への眼窩減圧術(オペツアー)

18.08.12

カテゴリ:ブログ

日本では眼窩減圧を行っている施設がほとんどありません。
(海外でも沢山あるわけではないですが)
このため遠方の方々はどうしたら良いか迷われる場合も多いと思います。

他の方々のブログを見ていただくと

九州や四国からもはるばる来院していただいているのが分かると思いますが

実際に北海道から九州まで、さまざまなところから

手術を受けにいらっしゃいます。

今回はそのような方々がどのように受診に至るのかを記載したいと思います。

当院ではこれをオペツアーと称しています。

まず当院にお問合せを頂きます。話が長くなるので電話が良いと思います。
減圧の場合には骨の状態を診るためにCTを

眼窩組織を診るためにMRIが必要です。

これらCTやMRIはお住まいの地域で受け入れてくれる病院を当院で検索し

紹介状を書かせていただきます。

撮影後、データを病院から当院に送っていただきます。

またバセドウ病眼症であればある時期に顔貌の変化があるはずですので

発症前の写真と発症後の写真を送っていただきます。
その他、血液検査のデータなども、お持ちであれば送っていただくとよいです。

資料が揃ったら、クリニックでデータを確認させていただき、非活動期のバセドウ病眼症であり手術が可能と判断できたら、手術予定を立てます。

最低3日間滞在していただく必要があるため

現在ホテルの手配については当院スタッフが予約代行を行っています。

が、もちろんご自身で取っていただいても構いません。

術前日には術前検査として目の検査や採血、心電図などがあります。
診察を行い、ホテルにお帰りいただきます。

手術夜の食事に大きな制限はありませんので

銀座のお食事を楽しんでいただきます。(良いレストランは予約しておきましょう!)

手術前日就寝(22-23時くらい)から手術までの時間は絶飲食となります。
ただし手術開始予定時間の4時間前に500㏄程度の“水”を飲んでおいていただきます。
手術日は手術の1時間程度前に来院していただき
麻酔科医師の診察、点滴ルートの確保後に手術となります。

手術は1時間弱で終了します。

手術直後には、両目がガーゼで覆われている状態ですので何も見えません。
そのまま回復室で平均2時間程度安静にしていただき

飲水が出来る状態になったら、片方のガーゼを取ってホテルに戻ってもらいます。

人によりますが、トータルの在院時間は約4時間くらいだと思います。

以前は翌朝まで両方とも眼帯していたのですが

不便すぎるため片方のガーゼを外していただいています。

現在まで大きな問題は起こっていないようです。

手術当日は出血しやすいため、血圧が上がるようなことは避けていただきたいと思います。

外出は避け、ホテルのルームサービスか

付き添いの方にコンビニで買ってきてもらうかしてもらいます。

翌朝、ご自身で眼帯を取っていただき、クリニックで診察して、ご帰宅となります。

通常、術後1カ月後と3カ月後に診察するのですが

遠方の場合には3カ月後のみの再診をお勧めし

その時にMRIを撮ってきていただき、眼窩内に大きな瘢痕がないかどうかを判断して

経過良好であれば終診という流れです。

つまり遠方の場合に来院していただくのは手術の時の2泊3日と、術後3カ月目の2回ということになります。

先週も福岡や岡山、岩手からの方の手術を行いました。

まずはお気軽に電話でご相談ください。

人生を元に戻しましょう!

昨年度実績2000件(うち眼瞼下垂手術941件、眼窩減圧150件)
群馬大学 眼科 非常勤講師
帝京大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
アジア太平洋眼形成学会 理事
オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/

https://ameblo.jp/kashitomo52/entry-12395961924.html

遠方の方々への眼窩減圧術(オペツアー)

18.08.12

カテゴリ:ブログ

遠方の方々への眼窩減圧術の流れについて記載させていただきました。
当院ではオペツアーと称しています。
詳細は以下をご覧ください。

https://ameblo.jp/kashitomo52/entry-12395961924.html

皮膚を切らない眼瞼下垂手術

18.07.28

カテゴリ:医院からのお知らせ

日本人の眼瞼下垂では、ほとんどの場合に余剰皮膚があり、切除が必要になります。 このため皮膚を切開して手術を行うことが多いのですが、諸事情でどうしても皮膚を切開したくない場合には まぶたの裏から行う眼瞼下垂手術があります。 結膜を切開し、瞼を上げる挙筋の短縮を行うものです。 腫れの程度は皮膚を切った場合と同様ですが、現状のまぶたの雰囲気を残すことが可能です。

顔面神経麻痺への注射モニターを募集しています。

18.07.18

カテゴリ:ブログ

顔面神経麻痺は顔面神経という表情を作る神経が麻痺していることで、顔つきの左右差が出現してしまう病気です。
左右差が出ると奇異な表情に見えてしまうため、外出したくなくなることや、目が乾いて傷ついてしまうことがあり生活の質が大きく低下してしまいます。
当院では顔つきを治す手術を行っていますが、軽微な方々に対して美容注射の薬剤を使用して表情を治す試みを行いたいと思います。
写真使用許諾を頂ける方に、施術費用は無料で行います。
もちろん写真使ってほしくないという方には有料でも行います。 お困りの方はどうぞご相談ください。

眼窩減圧手術前後の変化

18.06.05

カテゴリ:医院からのお知らせ

眼窩減圧術前後の写真。患者さんのご協力で写真を使ってよいとのことでしたので、掲載させていただきます。 眼窩減圧術前術後で顔貌が大きく変化し、術後にとても綺麗なお顔になっていることが分かっていただけると思います。 上下眼瞼の脂肪が減少し、ドライアイも改善しています。 今までバセドウ病の眼球突出が治らないと思っていた患者さんや、内科の先生や、眼科の先生に是非知っていただけたら嬉しく思います。

眼窩減圧術 前後 顔写真

  この写真はEOSを使用してフラッシュ有の同条件下での撮影を行っています。下記にリスクを記載した同意書の文面を掲載します。   1.あなたの病名と現在わかっていること、病態 ・ 眼球突出(甲状腺眼症) ・ 甲状腺に関連した自己免疫疾患です。 ・ 甲状腺に関係した抗体が眼球の周りにある脂肪や眼球を動かす筋肉の中に存在し、それが標的となって炎症が起こり、増生します。それによりまぶたの腫れ、赤み、白眼の充血、角膜の傷、眼の奥の痛みや重さ、眼がでてきたり(眼球突出)まぶたが開いたり(眼瞼結膜の後退)し、瞬きが少なく目つきが鋭くきつくなるように見えます。筋肉、脂肪の炎症、腫れにより眼圧上昇や視力低下、2重にみえることもあります。バセドウ病の方の約50%~60%に甲状腺眼症が生じます。甲状腺機能亢進症でも低下症でも甲状腺機能が正常でもおこります。 ・ 筋肉や脂肪が増生し眼球突出が起こったり、神経が圧迫されて視力低下が起こったりします。症状は発症から半年程度経過すると固定化し自然には治りません。 眼窩部の解剖図 2.この治療の目的・必要性・有効性 ・ 高度の視力低下や眼球突出に対して、眼の周囲の骨(眼窩)を削り、眼の奥の脂肪を切除することで肥大した筋肉や脂肪が入るスペースを拡大する手術です、 ・ この治療をすることにより眼球を陥凹させ、眼球突出により鋭くきつくなった目つきを改善し、白めの充血、角膜の傷を改善させます。 ・ どの程度効果があるかは患者さんの状態により個人差があります。 3.この治療の内容と性格および注意事項 ・ 全身麻酔で行います。 ・ 下まぶたの結膜や目じりの皮膚、目頭の結膜を切開し、目の奥の骨や脂肪組織を切除します。切った結膜や皮膚は元に戻します。 ・ 術後疼痛がある場合は鎮痛剤を使用します。 ・ 術後1週間、軟膏を使用してもらいます。術翌日からシャワー浴・洗顔・洗髪は可能です。創部に汚れがたまると不潔になりますので、毎日軽く洗い流すようにしてください。ただしまだ癒着していませんので強くこすることはおやめください。3日後からは入浴が可能です。約1週間で創部の化粧は可能です。術後には顔貌が大きく変化する場合があります。また術後に腫れますので創部が醜く見える可能性がありますが、完全に腫れが消退し、完成した状態になるためには6か月が必要です。 ・ 手術後眼帯をし、その上から冷却が必要です。 ・ 当院ではチームとしての医療を行っており、厳格な基準を経た指導のもとに手術を行っていますが、通常の保険診療の場合には手術を担当する医師は指定することはできません。担当医を指名する場合には自由診療での手術になります。 ・ 4.この治療に伴う危険性とその発生率 ・ 手術により創部が腫れ、内出血が起こります。内出血は最初赤いアザのようになっていますが、黄色く変色し重力に伴って皮下を下方に移動しながら約3週間で消退します。腫れの消退は最初の2週間で8割程度改善しますが、完全な消退には約半年かかります。創部に血腫ができた場合は除去手術が必要です。 ・ 手術後には眼球運動障害が出現し2重に見えます。徐々に改善し、3から6か月で安定しますが、脂肪切除のみでは3-20%、外側壁では3-6%、内側壁では10-65%で複視が残存するとされています。その場合には、斜視手術が必要になることもあります。当院の脂肪減圧のデータでは正面複視は0%、最周辺複視は50%でした。 ・ 意図的に眼球を陥凹させる手術ですので、まぶたが凹むなど、顔貌が変化します。目標を15㎜にすることが多いですが、個々の症例に個別にプランを作ります。顔貌の変化に伴って二重のラインの形状や、まぶたの腫れ方が変化します。人によってはバセドウ病発症前よりも凹んでしまった感じる場合もあります。 ・ 眼に関わる神経やこれを栄養する血管に障害が起こると失明に至るような視力障害や知覚鈍麻が出ることがあります。 ・ 脳に近い場所の手術を行うため、感染症などをきたすと重篤な状態になる可能性があります。 ・ 術後徐々に傷痕は目立たなくなりますが傷痕が目立ったり、ケロイドになったりすることがあります。術後に傷が離解した場合は再度縫合処置が必要です。感染などで眼窩蜂巣炎になることがあります。 5.偶発症発生時の対応 万が一,偶発症が起きた場合には最善の処置を行います。なお,その際の医療は通常の保険診療となります。 6.代替可能な治療 ・ これに代わる治療はありません。 7. 治療を行った場合に予想される経過 ・ 術後、さらに眼球陥凹を得たい場合に、今回の手術とほかの部位の減圧術を行うことがあります。眼瞼後退や眼瞼下垂、複視、斜視に対する手術など外科的治療が必要な場合があります。角膜びらんなどの症状がある場合は点眼の治療が必要です。 ・ 一度炎症が落ち着いた眼症も15%で再発します。その場合はステロイド治療などを必要とする場合があります。甲状腺の数値が安定している方やむしろ低下している方でも眼症は悪化することがあります。甲状腺の数値が安定しているからといって眼を放置するとひどく悪化することがあります。 ・ 喫煙や放射線ヨード内用療法が悪化につながるため、禁煙が絶対必要です。またストレス、寝不足が悪化を招きます。十分な睡眠を心掛けて下さい。 8.何も治療を行わなかった場合に予想される経過 ・ 自然には治りませんので、視力低下や結膜充血や残存します。顔貌の変化が気になっている場合には、うつ状態になってしまう方もいらっしゃいますし、きつい目つきに見られることで社会的不利になることなどが考えられます。  
1 / 212