• ja
  • en
  • zh-hans

東京都中央区銀座の眼科形成外科 オキュロフェイシャルクリニック東京|眼科・形成外科

オキュロフェイシャルクリニック東京

医院ブログ

バセドウ病眼症へのステロイドパルス 追加

19.05.18

カテゴリ:ブログ

前回の記事では当院のステロイド点滴の間隔について話をしました。

では一回当たりの点滴については、どのようなものが理想なのでしょうか。
ちょっと考えてみましょう。

ステロイドパルスでは大抵入院して点滴をするのですが
どこの病院でもメチルプレドニゾロン1000㎎を2-3時間かけて点滴を行っています。

でもちょっと待って下さい。
本当に2-3時間かけて点滴する必要があるのでしょうか。

こういう時は眼科のドクターに聞いても

「ん、なんとなく」
「いままでやってきたから」

しか返ってこないと思います。

そこで薬剤添付文書を見てみましょう。
https://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00065704.pdf

投与方法は「緩徐に静注もしくは点滴静注する」と書かれています。

医療関係者ならわかると思いますが、
緩徐に静注、の意味は「一気に全部入れないでね!」くらいの意味しかありません。

一気に全部入れることがダメなだけで
そこそこゆっくりなら許容できるようです。

さらに読み進めてみると、、、
本剤の高用量を急速静注(500mgを超える用量を10分未満で投与)することにより、心停止、循環性虚脱、不整脈等があらわれたとの報告があるので、本剤の高用量を使用する場合にはこれらの副作用の出現に十分注意の上緩徐に投与すること。

10分以上かければよい、されているのです。

しかも生物学的半減期(薬剤が半分になる時間)は
たったの2.1時間しかありません。

ということは2-3時間かけて入れていると最初に入っていた薬はどんどん減っていってしまいます。
薬剤の効果は、血中濃度がどこまで高まるか、によりますから
長い時間かけて点滴すると、効果が弱くなってしまうことが分かります。

なので、当院では15分程度の時間をかけて点滴して、そのまま帰宅としています。
患者さんも点滴に来て、あっという間に帰ることが出来れば
日常生活に及ぼす影響も少なくて済みます。
https://ameblo.jp/naaaaaaaao8/entry-12461815039.html

出来るだけ負担の少ない、それでいて効果の高い治療を、
昔からやってるから、、、みたいな理由じゃなくて
いろいろなところから情報集めて患者さんに提供していくことが
当院の使命だと思っています。

再度、お断りですが、古典的な入院パルスを否定するものではありません。
治療法の選択は、患者さん個人の自由だと思っております(^_-)-☆

2018年手術実績 3046件
群馬大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS

バセドウ病眼症へのステロイドパルス~オキュロフェイシャルクリニック東京のやり方

19.05.13

カテゴリ:ブログ

バセドウ病眼症の発症直後の活動期の治療は、手術ではありません。

眼の奥の脂肪や筋肉に炎症が起きている状態ですから
これを薬剤で抑えることが治療になります。

現在使える薬剤の種類は副腎皮質ステロイドという薬剤しかありません。

世界的には他の薬剤(生物学的製剤)の臨床試験が行われていますが
https://www.lab.toho-u.ac.jp/med/ohashi/kogen/patient/treatment/biological.html
論文を見る限り、ステロイド以上の効果が出ているわけではないように見えます。
いずれ日本でも使えるとしてもまだまだ何年も先の話だと思われます。

ではステロイドしか使えないとして
どのような投与方法があるのか。

具体的に取れる方法は3つです。

1.内服(口から)
2.点滴(腕から)
3.注射(まぶたから)

今回は1と2についてのお話です。

一般的に日本中で(本当に日本中で!)やっている方法を紹介しますと、

入院して点滴を週に3日間を3週間、退院後に内服を3か月から6か月徐々に減量して終了というものです。

点滴と点滴の間はそのまま入院しつづけなければいけない施設もあれば、一旦退院となってまた次の入院としている施設もあります。

ちょっと考えていただきたいのですが、3週間の入院ってゾッとします。

バセドウになる方は30-50歳に多いので、

仕事や子育てでとてもそんなに長く入院が出来る環境にはないのが普通だろうと思います。

下手をすると仕事クビになっちゃいます。。。

無事に入院・点滴が終了すると、次に待っているのは長期のステロイド内服です。

長期のステロイド内服、薬さえ処方されていれば

通院せずに済むのが良いところです。
しかし内服の欠点として、副作用が多いことが挙げられます。

満月様顔貌(ムーンフェイス)、高血糖、不眠などがよく起こります。

点滴で入れる薬剤の量が多いので、効果が高いのですが
逆に量の少ない内服で副作用が多く出ます。
(内服は作用時間が長いから、と考えられています)

つまり内服は効果が少なくて、副作用が多い、コストパフォーマンスが悪い治療ということが分かっています。

したがって最新のヨーロッパ甲状腺研究会の指針では内服は行わず
週に1度の点滴を行う、としています。
https://www.reviewofophthalmology.com/article/management-of-thyroid-eye-disease

(以下原文一部抜粋)

In Europe, nearly every patient with a diagnosis of thyroid eye disease receives intravenous infusions of steroid once weekly for 12 weeks. Intravenous steroids have been shown to have a greater efficacy than oral steroids (80 percent vs. 50 percent). While this doesn’t cure the disease, it does reduce the clinical severity and improve the patient’s quality of life. However, 10 percent of patients are resistant to steroids. Steroids also carry the significant risks of liver failure, diabetes, insomnia, psychological changes and even death (if the cumulative dose exceeds 6 to 8 g).

参考文献にあたるもの

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4836120/

だから当院ではこれに則って、週に1度の点滴を行っているのです。
分かっている範囲で一番効果が高く、拘束時間が短く、副作用が少ない治療なのです。

お断りですが、古典的な入院パルスを否定するものではありません。

あくまで日本中で入院しか選択肢がないのであれば
それ以外も作ってあげたほうが良いのでは?という発想から来ています。

治療法の選択は、患者さん個人の自由だと思っております(^_-)-☆

2018年手術実績 3046件
群馬大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS

いつ元の顔に戻れるのか?

19.05.10

カテゴリ:ブログ

出来れば週に1度は更新したいと思っているこのブログ。

ブログ書いたことがある方はわかると思いますが
結構時間がかかるんです(^_^;)

1時間くらい??
まとまって時間が取れないとなかなか更新出来ません。

また、自分のブログは日常をアップしているわけではないので
そんなにネタが、、、(笑)

そんなことで日々の患者さんからの訴えを書くと良いのかなあと思いました。

今回の患者さんからの訴えは
いつになったら活動性がなくなるのか、です。

当院では活動性のある患者さんには、減圧の前に
週に一度のメチルプレドニゾロン点滴と
月に一度のトリアムシノロンの眼窩注射を行っています。

活動期に来た患者さん、多くの方は安定するのに2-3か月程度だと思いますが
患者さんによっては、半年たっても安定してくれない方がいます。

通院も大変だし、顔つきも変わってしまって
早く手術を受けたい!!というご相談を良くされるのですが
活動期に手術をすることは勧められません。

活動期は炎症があり、血流も豊富ですから
術中・術後の出血が多くなり、痛みや腫れが強くなり、病気の再発の可能性が高くなると考えられるからです。

まずは副腎皮質ステロイドによって活動期を非活動期にして、そのうえで減圧をするのが良いと思います。

いま治療中の患者さんで年末に娘さんの結婚式があるとのこと。

それまでに減圧したいと言われたのですが
いつ非活動期になり、いつ手術が出来るか、それは誰にもわかりません。

長い方だと1年以上も悪化し続けることもあります。

出来るだけ患者さんの要望には応えてあげたいのですが
活動期の手術は望ましくないのです。

だから間に合うかは神様だけが知っていること、になってしまうのです。

勘違いしないでいただきたいのですが、
バセドウ病眼症は、かならず非活動期になります。
それがいつかはわからないというだけなのです。

非活動期になれば減圧をして、顔つきを改善することが出来ます。
だから、ひょっとしたら結婚式には間に合わないかもしれませんが絶望する必要はありませんからね。

2018年手術実績 3046件
群馬大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS

患者さんの親のきもち

19.05.04

カテゴリ:ブログ

バセドウ病眼症は比較的若い方に起こる病気です。

病気のほとんどは高齢者に起こるものですから付き添いはお子さんであることが多いのですが
バセドウ病眼症では親が付き添うことが多いのです。

以前のブログで、
「患者さんのご家族の反応」というブログを書かせてもらいました。
https://ameblo.jp/kashitomo52/entry-12440262128.html

親御さんはなぜ反対するのか。
そこをすこし掘り下げたいと思います。

親にとって子供はとても愛おしい存在です。
その存在自体が愛らしいのですから
ぶっちゃけ顔つきはどうだっていいのです。

顔は変わっちゃったけど、五体満足で生きてくれていたら良い

それが親の本心だと思います。

手術はリスクがつきものですから失明することだってあります。
(同意書に書いてあります)

親御さんの気持ちからすると
存在してくれているだけでも十分なのだから
そんなリスクを冒してまで手術を受けなくても。。。。。
というように考えるのだと思います。

でもちょっと立ち止まって考えてほしいのです。

いまはSNS全盛の時代です。

Facebook、Instagram、Line。。。。
誰もが思い思いの場所・時間で自撮りして、それを身の回りの人たちと共有することが楽しみなのです。

バセドウ病眼症を発症して自分の顔が嫌いになったらどうなるか

まったく写真を撮らなくなります。
自撮りだけでなく、集合写真にも加わりたくなくなります。

外出も出来るだけ避け、外出するときはサングラスとマスクをしてから。

写真を撮らないと、友達とも共有できません。
そうすると徐々に友達の輪が狭くなっていきます。
人付き合いは最小限ですまそう。

そんな引きこもりのような、状態になっていってしまうのです。
https://ameblo.jp/yhnyday/entry-12359237943.html

親御さんと違って(すみません)
若いお子さんの人生は数年単位で大事なイベントが目白押しです。

恋愛、就職、結婚、出産

その大事な時期を引きこもりの状態で過ごしたら。。。。。

そこで親御さんに聞きたいのですが
それでも五体満足と言えますか??

お子さんの手足は満足かもしれませんが、心が病んでしまっていませんか??
それを五体満足と言えますか??

ここで書いたことは実際に起こっていることであり、
患者さんから聞いたことを基に書いています。

リスクは出来るだけ避けたいもの。
それは患者さんもご家族もそうですが、医師も同じです。
出来るだけの努力をしています。

もしお子さんが手術したいと思ったら
反対するのではなく、背中を押してあげてください。

(親に反対されている方がいたら、この記事を見せてあげてください)

2018年手術実績 3046件
群馬大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS