• ja
  • en
  • zh-hans

东京都中央区银座眼整形外科 Oculo Facial Clinic东京|眼科/整形外科

Oculo Facial Clinic东京

医院ブログ

コロナウイルスのワクチンの可能性 風邪が毎年流行る理由

20.04.19

カテゴリ:GANKEISEIブログ

 

 

コロナウイルスのワクチンの可能性 風邪が毎年流行る理由

コロナウイルスのワクチンが待望されています

そもそもワクチンっていうのはどういうものか知っていますか?

人間の身体の中には免疫というシステムが存在します

免疫とは外敵が入ってきた時に戦うシステムなのですが

その方法が色々と存在します

これは中世の戦争に例えると分かりやすいです

簡単に言えば、外敵と戦う方法は二つ

剣や槍を使った肉弾戦と

矢などを使った遠隔戦です

肉弾戦はまさに細胞レベルでの戦いで

白血球が直接戦いに行くのです

まさに肉弾戦ですね

次に矢のような遠隔戦

じつは血液の中を免疫グロブリン(抗体)という矢のようなものが巡っています

外敵が侵入するとその矢が刺さって、死ぬのですが

免疫グロブリンは外敵それぞれに合わせて作られた必殺の剣のようなもので

違う外敵にはなんの効果も持ちません

現実と同様、実はこの矢を作るのには少し時間が必要です

なのでそれまでの間に攻め込まれてしまえば

城が陥落してしまうこともあります(=死)

陥落を防ぐために、一度侵入した外敵に備えて

身体はあらかじめ矢を作っておくのです

これこそが(免疫)というシステムになります。

そしてこの矢さえあれば、あっという間に抑え込むことが出来ます。

あらかじめ矢を作っていれば、外敵が侵入してもすぐに矢で射殺せるのです

そしてその矢を作っておくこと、それがワクチンの役割です

一旦、無害化したもしくは弱毒化したものを身体に入れることで

身体にその姿を憶えさせ矢を作らせて

本物が来た時にあっという間の対応をすることが出来るのです

だから、はしか、とかおたふくかぜ、はウイルスによる感染症ですが、これらは一度感染したら、生涯かかりません

で、ここからが本題です

風邪って間違いなく毎年流行ります

コロナウイルスは、普通の風邪ウイルスの一種ですから

風邪の中に含まれています

普通に考えたら、一回侵入した外敵には抗体が出来ますから

毎年の流行というのは無い筈です

それでも毎年流行がある、というのはどういうことなのか

考えられるのは、免疫が出来ないか、出来ても無効化されてしまうという2点です

つまり風邪が毎年流行する理由=ワクチンが出来ない理由になっているのではないでしょうか

だから、コロナウイルスに対するワクチンは、かなり難しいのかもしれません

インフルエンザワクチンも、毎年打たないとだめなのは

毎年変異してしまうからです

RNAウイルスといって、変異しやすいウイルスなのですね

コロナウイルスもこれに属します

とは言ってもインフルエンザワクチンは高齢者の死亡率を5分の1に減らし

 

健常者でも発症自体を7-9割減らすようなので
(厚生労働省参照;https://www.mhlw.go.jp/shingi/2010/01/dl/s0115-8c.pdf

それなりに意味のあるワクチンが出来る可能性もあります

となると、コロナワクチンが出来たなら

毎年毎年インフルエンザワクチンに加えて

コロナワクチンを打ち続けなければいけない

そんな未来になるのかもしれませんね

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)
涙道涙液学会 理事

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
https://www.oc-tokyo.com/cms/
新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら
https://youtu.be/kxH9sgrlt0A

東京MXで紹介されました
https://youtu.be/eE2yMVMhW0U

OurAgeに特集していただきました
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/187841/

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS

コロナウイルスのワクチンの可能性 風邪が毎年流行る理由

20.04.19

カテゴリ:GANKEISEIブログ

 

 

コロナウイルスのワクチンの可能性 風邪が毎年流行る理由

コロナウイルスのワクチンが待望されています

そもそもワクチンっていうのはどういうものか知っていますか?

人間の身体の中には免疫というシステムが存在します

免疫とは外敵が入ってきた時に戦うシステムなのですが

その方法が色々と存在します

これは中世の戦争に例えると分かりやすいです

簡単に言えば、外敵と戦う方法は二つ

剣や槍を使った肉弾戦と

矢などを使った遠隔戦です

肉弾戦はまさに細胞レベルでの戦いで

白血球が直接戦いに行くのです

まさに肉弾戦ですね

次に矢のような遠隔戦

じつは血液の中を免疫グロブリン(抗体)という矢のようなものが巡っています

外敵が侵入するとその矢が刺さって、死ぬのですが

免疫グロブリンは外敵それぞれに合わせて作られた必殺の剣のようなもので

違う外敵にはなんの効果も持ちません

現実と同様、実はこの矢を作るのには少し時間が必要です

なのでそれまでの間に攻め込まれてしまえば

城が陥落してしまうこともあります(=死)

陥落を防ぐために、一度侵入した外敵に備えて

身体はあらかじめ矢を作っておくのです

これこそが(免疫)というシステムになります。

そしてこの矢さえあれば、あっという間に抑え込むことが出来ます。

あらかじめ矢を作っていれば、外敵が侵入してもすぐに矢で射殺せるのです

そしてその矢を作っておくこと、それがワクチンの役割です

一旦、無害化したもしくは弱毒化したものを身体に入れることで

身体にその姿を憶えさせ矢を作らせて

本物が来た時にあっという間の対応をすることが出来るのです

だから、はしか、とかおたふくかぜ、はウイルスによる感染症ですが、これらは一度感染したら、生涯かかりません

で、ここからが本題です

風邪って間違いなく毎年流行ります

コロナウイルスは、普通の風邪ウイルスの一種ですから

風邪の中に含まれています

普通に考えたら、一回侵入した外敵には抗体が出来ますから

毎年の流行というのは無い筈です

それでも毎年流行がある、というのはどういうことなのか

考えられるのは、免疫が出来ないか、出来ても無効化されてしまうという2点です

つまり風邪が毎年流行する理由=ワクチンが出来ない理由になっているのではないでしょうか

だから、コロナウイルスに対するワクチンは、かなり難しいのかもしれません

インフルエンザワクチンも、毎年打たないとだめなのは

毎年変異してしまうからです

RNAウイルスといって、変異しやすいウイルスなのですね

コロナウイルスもこれに属します

とは言ってもインフルエンザワクチンは高齢者の死亡率を5分の1に減らし

 

健常者でも発症自体を7-9割減らすようなので
(厚生労働省参照;https://www.mhlw.go.jp/shingi/2010/01/dl/s0115-8c.pdf

それなりに意味のあるワクチンが出来る可能性もあります

となると、コロナワクチンが出来たなら

毎年毎年インフルエンザワクチンに加えて

コロナワクチンを打ち続けなければいけない

そんな未来になるのかもしれませんね

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)
涙道涙液学会 理事

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/cms/
新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/wp/

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら
https://youtu.be/kxH9sgrlt0A

東京MXで紹介されました
https://youtu.be/eE2yMVMhW0U

OurAgeに特集していただきました
https://ourage.jp/column/karada_genki/more/187841/

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS

コロナ対策 飛沫感染への対応

20.04.16

カテゴリ:GANKEISEIブログ

image

 

コロナで来院患者さん減ったので

 

そんな時こそ、いろいろ違ったことを試すチャンス

 

当院で行っている新型コロナの飛沫感染対策をここで公開させていただきます

 

 

 

まずこの動画を見てください
唾液が会話中にどれくらい広がるか
https://youtu.be/rcf2ebG-zEM?t=27

息がどれくらい遠くまで届くか
https://youtu.be/hi5mXJHNaMo
 

診察室なんて3密そのものですから

 

飛沫感染のリスク、非常に高いと思います

 

だからこその対策です

 

https://youtu.be/krttR8qyFXg

 

是非見てみてください

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

涙道涙液学会 理事

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

https://www.oc-tokyo.com/cms/

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

https://youtu.be/kxH9sgrlt0A

東京MXで紹介されました

https://youtu.be/eE2yMVMhW0U

OurAgeに特集していただきました

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/187841/

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版

https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS