• ja
  • en
  • zh-hans

東京都中央区銀座の眼科形成外科 オキュロフェイシャルクリニック東京|眼科・形成外科

オキュロフェイシャルクリニック東京

お知らせ

バセドウ病眼症、発症前の写真を持ってくることの意味

21.01.13

カテゴリ:銀座ブログ

バセドウ病眼症、発症前の写真を持ってくることの意味

当院にバセドウ病眼症で来院される時は

かならず発症前の写真を持ってきてもらいます

以前の目の状態が分からなければ

いくら本人が変化したと言っても

それを客観的事実としてとらえること出来ないからです

だから必ず持ってきてもらい

現在の状態との差異を確認するようにします

バセドウ病なら当たり前のことだと思います

でもですよ

奇妙なことに、他の医療機関で写真持ってきてと言われたことがある方が少ない

いや、ほとんどいない

というか個人的な経験では皆無です

眼科でも内科でも

患者さんが「こんなに変わってしまった」と言うなら

発症前の写真を見て、確認しないといけないはずなのにそれをしないで

「大したことない」「気にならない」

と簡単に言ってしまう病院が多い

当院にはストレートに来られる方よりも

そういう医療機関で埒が明かなくて自分でネット調べて

来院される方が多いので、そういう時に訊くんです

「前のところで写真持ってきてって言われた?」って

ホントに、何度も書きますが(笑)

写真持って来いって言われた人、皆無です

医師も医師で、なんで確認しないのかなあって思うんですよね

自分が分からないことをそのままやり過ごそうしている

そういう医師は、間違いなく眼球突出の治療に前向きでは無いので

早々に諦めて、写真を持ってきて、と言ってくれる医療機関に行くと良いと思います