• ja
  • en
  • zh-hans

東京都中央区銀座の眼科形成外科 オキュロフェイシャルクリニック東京|眼科・形成外科

オキュロフェイシャルクリニック東京

医院ブログ

”【朗報】質問状・要望書に対する回答が届きました”

20.11.14

カテゴリ:ブログ


 

患者さん達が主体となって立ち上げた会の活動の一環として

減圧の適応がどうしてこうも統一されていないのかを

公開質問状として提出していたようなのですが

その回答が返ってきたようです

************************
眼窩骨の一部を外し、眼窩内に到達して手術操作を実施している場合はK235眼窩内腫瘍摘出術(深在性)、前眼部から眼窩骨と眼球の間から眼窩に到達し手術操作を実施している場合はK234眼窩内腫瘍摘出術(表在性)が最も近似する手術と審査判断したものです。
************************

結果として、骨を削って眼窩深部の操作を行えば

これまで通り眼窩内腫瘍摘出(深在性)で請求することが可能、とのことでした

これで減圧術を、すべて自費での対応に切り替える必要性は無くなりました

群馬支部から指示のあった、

皮膚を切り

骨を外して戻す

という、本当に無駄で患者さんの身体を痛めつけることをしなくて良くなったので

心の底から良かったと思っています

これで当院での手術、保険を希望される方は社保の回答の通り

「結膜から、骨の一部を削り、眼窩深部の脂肪や骨を取り除く手術」を行い

骨の操作を一切しないで脂肪だけを取って欲しいという方は、

自由診療になりますが「結膜から眼窩深部の脂肪のみの摘出手術を行う」

というように、棲み分けが出来るようになりました

ひとまず、各都道府県の審査会によって恣意的な運用がなされていた現状から

抜け出すことが出来たことはとても大きな第一歩です

患者会の皆さん、中心メンバーの方々、本当にお疲れ様でした

日本人は自分から積極的にムーブメントを起こすことが苦手ですが

何もしなければ、反論が無い、というのと同じで

そのまま制度化していってしまうのです

すこしでも前に進み続けていれば

いつかはどこかに辿り着く

ですから、最初の一歩を踏み出す勇気を持ちましょう

甲状腺眼症の患者さんをどれだけきれいに治せるか

戦いは、まだまだ続きます

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)
涙道涙液学会 理事

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/
MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版