• ja
  • en
  • zh-hans

東京都中央区銀座の眼科形成外科 オキュロフェイシャルクリニック東京|眼科・形成外科

オキュロフェイシャルクリニック東京

医院ブログ

「私語禁止」ではないクリニック

20.12.28

カテゴリ:ブログ

「私語禁止」ではないクリニック

 

 

当院を訪れた患者さんなら分かると思いますが

 

クリニックでスタッフの話し声とか笑い声が聞こえていることがあるかもしれません

 

 

 

それに対して違和感を持つ方もいらっしゃるかもしれません

 

通常、病院とか医療機関では静かにしているようにって言われると思うのです

 

ひと昔前には医療機関での私語は禁止、笑い声も禁止とされていました

 

体調不良の方もいらっしゃるのが病院ですからね

 

 

 

 

 

僕も研修医のころに指導医から

 

「人前で笑ってはダメ」と教わりました

 

 

スタッフが笑いながら話していると、自分が笑われていると捉える人がいるから

 

というのがその理由だったと思います

 

 

 

たしかに体調不良の方の多い、夜間の救急外来なんかでうるさくしていたら迷惑でしょうが

 

当院には基本的に元気な人しか来ません

 

病気で悩んでいたとしても、体力的には十分

 

そういう方しかいらっしゃらないのですね

 

 

 

医療機関だからという理由で私語を過度に禁止する意味を考えてみたのです

 

 

私語を禁止にすると、その取り決めを守らせるために労力が発生します

 

つまり私語をしているスタッフを気にして注意しなければいけません

 

 

場合によっては罰則さえも必要になります

 

 

罰則を適応するために院長が歩き回っているって

 

自分がスタッフだったらすごく嫌な気分になる

 

 

そして自分自身も他の人のマイナスポイントを見つけて歩くような

 

日中を送らなければならないので

 

僕自身の感情もマイナスに傾きます

 

 

「あいつまた私語している」

 

「これだけ言っているのに何で守れないんだ」

 

 

 

頭で思うだけならまだしも、そのうち口に出してしまうであろうと思っています

 

もうそうなると院内の雰囲気は最悪になるでしょう

 

 

 

米国留学した経験も大きかったと思います

 

 

 

米国の医療機関では普通に雑談しながら仕事しています

 

みんなが友達みたいな話ぶりなのです

 

知っている人ならまだしも、知らない人同士でもそんな感じ

 

日本だったらあり得ないですよね

 

道ですれ違っただけの人に目を合わせて、ハーイなんて軽く挨拶する国ですからね

 

 

 

雑談しながらでも十分に仕事は回っている

 

そうなると、日本の雑談禁止の意味って何があるのかなあって思ったのです

 

 

 

むしろ私語を禁止していなければ、雑談をしながら仕事が出来る

 

コミュニケーションをとることが出来るのですね

 

 

そうすると他のスタッフの性格や、趣味、普段の生活スタイルが分かるので

 

より連携が取りやすくなります

 

 

 

滅多なことで嫌いにならなくなる

 

もちろん逆に嫌いになってしまうこともあるかもしれませんが

 

可能性は減ると思うのです

 

 

 

だから当院では私語を禁止していません

 

裏方ではいつも笑い声が響いています

 

 

 

そこには私語禁止、なんて言葉は存在していません

 

 

 

残念ながら、日本の多くの組織では

 

私語が禁止され、職場が暗くなってしまっています

 

 

そういう場がどんどん減って

 

明るい日本になってくれるといいなあと思っています

 

 

 

 

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

 

現 涙道涙液学会 理事

元 群馬大学 非常勤講師(2014-20)

元 帝京大学 非常勤講師(2017-19)

元 アジア太平洋眼形成学会 理事(2010-18)

 

 

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

 

 

 

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

 

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版