• ja
  • en
  • zh-hans

東京都中央区銀座の眼科形成外科 オキュロフェイシャルクリニック東京|眼科・形成外科

オキュロフェイシャルクリニック東京

医院ブログ

国内留学のお題

20.12.03

カテゴリ:ブログ

 

前回のブログの続きになります

 

 

せっかく3か月も国内留学するのであれば

 

その間に、群馬にいなければ出来ないことをしてもらおう、と思いました

 

 

 

群馬ならではのもの、、、、、

 

そこで思いついたのがこちら

 

 

 

“伊香保温泉日本の名湯”

 

 

これ何だかわかりますか??

 

 

群馬県民ならわかります

 

というか群馬で小学生時代を過ごした人なら分かる

 

 

 

これ、群馬県独自のかるた“上毛かるた”の1つなんです

 

 

いろはの順であるのですが、それぞれ群馬にちなんだ札になっています

 

 

さっきのは“い”の読み札なんです

 

 

 

他にも例えば

 

“め” 銘仙織り出す伊勢崎市

 

銘仙というのは明治から昭和にかけて女性のおしゃれ着や普通着として普及した着物で、昭和初期の銀座では、女性の約半数が着ていたとされています

 

その主な産地としては、伊勢崎、桐生、足利、秩父、八王子が挙げられ、合わせて銘仙5大産地と呼ばれているそうです

 

 

あと、例えば

 

“や” 耶馬溪しのぐ吾妻峡

 

耶馬渓は大分県にある日本一の景観とされる渓谷ですね

 

日本三大奇景の1つとされています

 

いつか行ってみたいものです

 

 

 

吾妻渓谷は、関東の耶馬渓と称される渓谷です

 

 

群馬県民が自ら耶馬渓よりも吾妻峡の方がすごい、と詠んでいるのかと思ったら

 

どこかの歌人が言ったとか言ってないとか

 

 

 

群馬県民なら小学生のときにほぼほぼ必修でやらされるので

 

みんな知っているのです

 

 

 

僕は市川市幸小学校だったので、もちろん知りませんが

 

群馬大医学部に入って、県内出身者が盛り上がっているのを聞いて

 

上毛かるた?なんだそれ??でした

 

 

 

群馬県民ならではの文化なんです

 

 

だから留学のスタッフには3か月の間にこれを憶えてもらい

 

最終日にテストして憶えられていたら無事留学終了にしようかなと

 

 

 

そしてそういうイベントって

 

人生の中でありそうで、無いものなので

 

長い人生を考えたら、そんなことが思い出としてあっても良いのかなと思っています

 

 

 

ただスタッフに言うだけだと、ただのパワハラ上司なので

 

だったら僕も憶えることにします!!!!

 

 

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

 

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

 

現 涙道涙液学会 理事

元 群馬大学 非常勤講師(2014-20)

元 帝京大学 非常勤講師(2017-19)

元 アジア太平洋眼形成学会 理事(2010-18)

 

 

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/cms/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

 

 

 

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

 

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版

スタッフの国内留学

20.12.02

カテゴリ:ブログ

 

僕はいままでに数か所の留学を経験しています

 

2007年の聖隷浜松を皮切りに

 

2014年はソルトレークシティ

 

2015年から2016年はロサンゼルスに行きました

 

 

 

そうして留学を経験すると分かることがあります

 

 

どこかの常識というのは、他の場所では非常識になります

 

 

 

例えば、、、、

 

日本では、皮膚をメスで切るのが常識ですが

 

米国では最初からハサミを使います

 

日本でハサミを使って皮膚を切ったら、怒鳴られます

 

 

 

日本では眼窩手術も涙道手術も入院して全身麻酔で行いますので患者さんは大変ですが

 

米国では完全に日帰りです

 

 

 

米国のゴミ収集は専用の容器に入れて各家庭の前に出しておけば回収してくれますし

 

粗大ごみは、家の前においておけば誰かが持っていくのでラクチンです

(留学から帰国する時にアパートの前に家具を出して置いたら1時間で全部なくなりました)

 

 

 

そうやっていろいろなことを経験すると

 

僕らが常識と考えているもの・ことを固定観念で見ずに

 

本当は違うのかもしれないな、とある意味疑いの目で見ることが出来るようになります

 

 

 

で、そのような留学の経験って、巷にはほとんどありませんよね

 

身の回りに留学したことある人います??

 

ほとんどいないはずです

 

 

 

開業前に考えていたのですが

 

全国に分院が広がったら医師もスタッフも分院間で留学させたいなって思っていました

 

短期的に他の組織を体験すると

 

他の常識に触れて一段上のレベルになるからですね

 

 

 

最近までそれを忘れていましたが、最近思い出したのです

 

 

というのも現在、千葉駅周辺に分院を出そうと計画中で

 

そのために東京院の採用を増やしているので

 

つまり東京には2つ分のスタッフがいることになります

 

 

 

そうするとどうしても人が余ります

 

それはそれで非効率的ですが楽しいので良いのですが

 

これを千載一遇のチャンスと捉えて

 

何か出来ないかなと思ったのです

 

 

それから以前のブログで採用の話もしましたが

 

当院は基本的に中途採用なのです

 

 

 

 

前に嫌な思いをして転職した人の方が

 

良い職場を作ろうと思ってくれるという信念からですね

 

 

 

そんな中、2人だけ新卒で入ったスタッフがいます

 

2人ともお嬢様短大出で、20歳そこそこ

 

 

 

 

ほとんど人生経験がありません

 

だからこそ、より成長してもらうために違う組織も経験して欲しい

 

 

 

 

だからこその留学

 

 

東京から群馬へ

 

1人あたり3か月の国内留学です

 

 

 

さあ、何が起きるのか

 

果たして成長するのかしないのか

 

 

 

ただ留学するのも面白くないので

 

2人にはお題を出したいと思っています

 

 

 

その話は次のブログで、、、、、、、

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

 

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

 

現 涙道涙液学会 理事

元 群馬大学 非常勤講師(2014-20)

元 帝京大学 非常勤講師(2017-19)

元 アジア太平洋眼形成学会 理事(2010-18)

 

 

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/cms/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

 

 

 

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

 

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版

全身麻酔のリスクと安全性

20.12.01

カテゴリ:ブログ

全身麻酔のリスクと安全性

 

 

当院では年間500件程度の手術を全身麻酔で行っています

 

 

全身麻酔のイメージってどんなですか?

 

 

患者さんでも、親御さんでも「全身麻酔は怖い」って言われることが、たまにあります

 

 

 

 

医療を行う側から言えば、怖いイメージがどこから来るのかが分かりません

 

 

実際に危ないことはほとんど無いのです

 

 

医療はリスクゼロではないので、100%ってことは言えませんが99%安全とは言えます

 

 

 

当院で麻酔をかけてくれる麻酔科のドクターは3人いるのですが

 

そのうちの1人の木村先生に講演動画を作っていただきました

 

 

 

 

 

内容をみて頂くと分かるのですが

 

いままでにトータルで1280名の全身麻酔手術を行いましたが

 

誰一人として他院に緊急搬送が必要になった方はいらっしゃいません

 

 

 

かなり安全なものだということが分かって頂けると思います

 

手術当日の流れについての動画も作ってあります

 

 

 

 

 

 

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

 

 

 

2019年手術実績 3850件(2019年1-12月)

 

現 涙道涙液学会 理事

元 群馬大学 非常勤講師(2014-20)

元 帝京大学 非常勤講師(2017-19)

元 アジア太平洋眼形成学会 理事(2010-18)

 

 

 

オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F

03-5579-9995

http://www.oc-tokyo.com/cms/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/FHdXKbJWcGtzU2fs6

 

 

 

新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1

027-288-0224

http://www.kashima-oc.com/

MAPはこちらhttps://goo.gl/maps/vBW1QXwt6y1VevAo8

 

 

2019年11月10日のバセドウ病眼症講演会の内容はこちら

 

OurAgeに特集していただきました

ついに眼症の手術を受ける/甲状腺疾患で涙目、眼球突出に! 50代ライターのバセドウ病眼症闘病記④ 

 

 

 

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ

「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」

https://oculofacial.page.link/FoB

現物

https://oculofacial.page.link/pamphlet

kindle版