• ja
  • en
  • zh-hans

东京都中央区银座眼整形外科 Oculo Facial Clinic东京|眼科/整形外科

Oculo Facial Clinic东京

お知らせ

【休診のお知らせ】2019年6月3日

19.06.03

カテゴリ:ブログ

2019年6月3日は休診とさせていただきます。
また機械保守作業のため、終日電話が通じなくなります。

ご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんが、ご了承下さいますようお願い申し上げます。

2019年ゴールデンウィーク中の営業について

19.04.21

カテゴリ:医院からのお知らせ

ゴールデンウイーク中の診療ですが、4月29日(月曜日)から5月2日(木曜日)までの4日間を通常営業として手術と外来を行っています。
普段は時間が取れない方も是非一度ご連絡頂ければ幸いでございます。

休診のお知らせ(2月19日(火)〜2月25日(月))

19.02.15

カテゴリ:ブログ

2月19日(火)〜2月25日(月)は医師が学会参加のため休診させていただきます。

大変ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

【メディア掲載】New York Timesに鹿嶋友敬理事長が選出されました

19.02.01

カテゴリ:ブログ

The NewYork Timesの特別企画「Next Era Leaders 2019」鹿嶋友敬理事長が選出されました。

「Next Era Leaders 2019」はニューヨークタイムズ社が選ぶ次世代のリーダー紹介する特別企画です。

記事では眼形成という眼とその周囲の両方を診る専門分野に進んだきっかけや、培った技術を次世代に伝える意気込みを語っています。

「Next Era Leaders 2019」特設サイトは下記バナーよりご覧いただけます。(※英文のみ)

 

NEXT ERA LEADER'S 医療法人 かしま眼科 鹿嶋友敬

プチプラのあやさんに当院で受けた手術についての感想をアップしていただきました。

18.11.02

カテゴリ:ブログ

有名なYoutuber プチプラのあやさんに当院で受けた手術についての感想をアップしていただきました。
とくに合併症もなく、経過良好だったので満足していただけました。少しでも多くの困っている患者さんへ、治療があることを知っていただけたらと思っています。

休診のお知らせ(10月24日(水)〜11月1日(木))

18.10.24

カテゴリ:ブログ

10月24日(水)〜11月1日(木)は医師が学会参加のため休診させていただきます。

大変ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

甲状腺眼症のパンフレット

18.10.06

カテゴリ:医院からのお知らせ

バセドウ病眼症について解説した小冊子です。患者さん達から眼症についての情報が少なく病気のことを知ることができないと言われることが多いため、 同年代の ドクターに声をかけて小冊子を作成しました。
およそ1時間程度で読み終えることができる分量だと思います。今後 Amazon などでも販売を行っていく予定です。

https://oculofacial.page.link/pamphlet

金額は300円(+レターパック350円)です。

作成に1冊500円かかってますが(汗)

そのうちトントンくらいまで上げさせていただくかもしれません。

バセドウ病眼症の方々は家具の隙間に落ちているような状態になっていることが非常に多いと感じています。
すこしでもそのような方々がいなくなると良いなと思っています。

甲状腺眼症パンフレットの販売

18.10.05

カテゴリ:医院からのお知らせ

バセドウ病眼症について解説した小冊子です。患者さん達から眼症についての情報が少なく病気のことを知ることができないと言われることが多いため、 同年代の ドクターに声をかけて小冊子を作成しました。
およそ1時間程度で読み終えることができる分量だと思います。今後 Amazon などでも販売を行っていく予定です。

 

https://oculofacial.page.link/pamphlet
金額は300円(+レターパック350円)です。作成に1冊500円かかってますが(汗)

そのうちトントンくらいまで上げさせていただくかもしれません(笑)

バセドウ病眼症の方々は家具の隙間に落ちているような状態になっていることが非常に多いと感じています。
すこしでもそのような方々がいなくなると良いなと思っています。

皮膚を切らない眼瞼下垂手術

18.07.28

カテゴリ:医院からのお知らせ

日本人の眼瞼下垂では、ほとんどの場合に余剰皮膚があり、切除が必要になります。 このため皮膚を切開して手術を行うことが多いのですが、諸事情でどうしても皮膚を切開したくない場合には まぶたの裏から行う眼瞼下垂手術があります。 結膜を切開し、瞼を上げる挙筋の短縮を行うものです。 腫れの程度は皮膚を切った場合と同様ですが、現状のまぶたの雰囲気を残すことが可能です。