• zh-hans

东京都中央区银座眼整形外科 Oculo Facial Clinic东京|眼科/整形外科

Oculo Facial Clinic东京

医院ブログ

なぜバセドウ病眼症の治療をしようと思ったのか13

19.10.20

カテゴリ:GANKEISEIブログ

連絡を取るとLiao先生は二つ返事でOKを出してくれました

それから日々の診療の合間を縫って見学に伺える日を狙います

開業することを決めていたので

開業準備をしながら。。。。

そう、開業直前までは骨をメインにした減圧をしていた、ということになります

Liao先生は台湾大学眼科の眼形成の教授です

日程が取れなかったので見学は1日だけお邪魔させていただいたのですが

その日だけで7例くらいの両側同時眼窩減圧を行っていて

斜視手術も合わせると11例くらい

全身麻酔をこれだけスピーディにこなせるんだ、と驚愕だったのです

台湾大学は大日本帝国時代の1928年(昭和3年)に作られました

旧帝大だったのですね

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E5%A4%A7%E5%AD%A6

その建物が今も残っています

つまり、昭和3年当時の趣を残した病院です

外来はまさに歴史的な建造物です

でも時代に合わない部分も多く

電光掲示板などは設置されていませんし

外来の待合なども十分に広さが取られていません

まだ外来はそれでも良いのですが

オペ室も、、、、、(笑)

古い施設

昭和3年のままです

さすがに医療機器は更新があったとしても

壁も扉も、昔の船みたいな作り(笑)

なにか不思議な感覚で

映画の中にでも入りこんだように感じます

そんななかでとっても先進的な、スピーディな手術をされていることに驚愕しました

Liao先生はいろいろな患者さんの写真をみせてくれました

眼窩脂肪減圧はとってもよいからやりなさいと勧めてくれました

その中で知ったのですが実はLiao先生はUCLAのゴールドバーグ先生のところで半年間研修をしていたのです

つまり僕の先輩にあたる人だった

ただLiao先生は正規のフェローではなかったので

リストに名前がなかったのですね

Liao先生は言いました

「骨の減圧も良いけれども、いろいろ試してみたのだが、脂肪の減圧の方がダイレクトに目が凹む。絶対これをやった方が良いよ」

同じゴールドバーグ先生に師事していた先達からの言葉は胸に刺さりました

「それなら自分もやってみよう」

素直にそう思うことが出来ました

2018年手術実績 3046件
群馬大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/

11月10日のバセドウ病眼症講演会
https://youtu.be/kxH9sgrlt0A

東京MXで紹介されました
https://youtu.be/eE2yMVMhW0U

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS