• ja
  • en
  • zh-hans

东京都中央区银座眼整形外科 Oculo Facial Clinic东京|眼科/整形外科

Oculo Facial Clinic东京

お知らせ

休診のお知らせ(10月9日(水)〜10月16日(水))

19.10.05

カテゴリ:ブログ

医師が学会参加のため、10月9日(水)〜10月16日(水)は休診とさせていただきます。

大変ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

休診のお知らせ(10月9日(水)〜10月16日(水))

19.10.05

カテゴリ:ブログ

医師が学会参加のため、10月9日(水)〜10月16日(水)は休診とさせていただきます。

大変ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

なぜバセドウ病眼症の治療をしようと思ったのか 6

19.10.05

カテゴリ:GANKEISEIブログ

シンガポールでの見学中

どんな研究をしているの?

と聞かれたので、国内で発表していたスライドをいくつか見せました

そうしたら

いろいろ面白いことやっているね

半年後に近隣諸国にするレクチャーがあるから

そこで講演したら?

え?

英語の発表??

したことないよ???

でもその頃の僕のモットーはNoと言わない日本人

二つ返事で

やってみます、、、、、、。

と言いました

するとSeah先生

じゃあ

3つくらい講演してよ

え?

英語の発表したことないのに

いきなり3つ?????

無理―(心の叫び)

が、僕のモットー通りに引き受けることになるのです

言われたのが半年前だったのと

3つのうち、2つがビデオ講演だったので

なんとか終了し

プレゼンターの中で最優秀ビデオ賞なるものまでいただきました

海外の学会に行く日本人医師が圧倒的に少ない中

海外の学会に行けば

眼形成の最新の知見を得ることが出来る
その時から、Seah先生が行く海外の学会に自ら演題を出し

自分もついて行くことになるのです

実は、大抵の海外の学会は日本人ドクターにとって8割海外旅行みたいなもんです

演題が出せれば、病院から旅費が出ますから

みんなで徒党を組んで公費で海外へ

現地では日本人の集団で行動し

会場にも行かず観光し

海外の人と議論することもほとんどない

そういうのが実情です

議員さんの海外視察、も多分似たようなものだと思います

でも僕がついていったSeah先生

海外でも有名な方

常に会場にいて

講演を聴いています

ちょっとでも部屋に戻ろうもんなら

どこにいる?ちゃんと聞いているか?

と呼び出しがきます(笑)

おかげでいろいろな発表を見ることが出来ました

その中にバセドウ病眼症に関するものがあり

もちろんその中には眼窩減圧術の講演もあったのです

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

2018年手術実績 3046件
群馬大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/

11月10日のバセドウ病眼症講演会
https://youtu.be/kxH9sgrlt0A

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS