• ja
  • en
  • zh-hans

东京都中央区银座眼整形外科 Oculo Facial Clinic东京|眼科/整形外科

Oculo Facial Clinic东京

医院ブログ

なぜバセドウ病眼症の治療をしようと思ったのか3

19.10.03

カテゴリ:GANKEISEIブログ

群馬大学は当たり前ですが群馬県にあります

群馬県には一つしか医学部が無いので
難症例はすべて群馬大学に集中するのです

バセドウ病の治療、大学以外で治療できる施設がありませんから
必然的に全ての患者さんが大学に集中します

僕が聖隷から帰ってきた当時は
先代の岸教授がバセドウ病眼症も診ておられたのです
(その他の難症例も全部診られていました)

全国の医療機関で行っているステロイドパルスとその後の内服治療

通常は3クール行うことが多いのですが
群馬大では2クールでした(金土日の3日間を2回)

岸先生が、患者さんの負担を考えてのことです

それでも入院になりますから
とても大変ですよね

最初の頃は、岸先生が治療方針を決定していました
僕のところに回ってくる患者さんが少なかったのです

眼瞼下垂など他の治療をやっていくのが精いっぱいで
あまり時間と関心を向けられなかった、という事情もありますね

そうしているうちに、バセドウ病眼症の初診を僕が取るようになります
他の先生方は、バセドウ病眼症に関心がまったくありませんから
僕が最初から診るよ、ということになりました
(そのかわり黄斑変性とか僕に回さないでね、とも伝えてます。バーターです(笑))

群馬大のバセドウ病眼症の患者さんを診ているうちに
患者さんのいろいろな人生を知ることになります

40年前に発症して、ものすごい眼球突出のまま生きて来ざるを得なかった方

バセドウ病眼症を発症してから、旦那さんがDV夫になってしまい、離婚してシングルマザーになった方

診ていくうちに
これは人生が大きく変わってしまう病気で
これは誰かが治してあげないといけない
と強く思うようになるのです

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

2018年手術実績 3046件
群馬大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/

11月10日のバセドウ病眼症講演会
https://youtu.be/kxH9sgrlt0A

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS

大忙し3

19.10.03

カテゴリ:GANKEISEIブログ

今日は前橋で4件オペ

涙囊鼻腔吻合1人
眼窩減圧2人
悪性腫瘍の切除と再建1人
そのあと東京へ
午後外来なんです
いつも東京にいる時はホテルなんですが
何度も泊まってるホテルに行き
荷物を預けようとフロントに
お願いしまーす、と言ったら
鹿嶋友敬様ですね?
わかりました。
 
 
顔パスでした😂
いつも泊まってるからね笑

なぜバセドウ病眼症の治療をしようと思ったのか4

19.10.03

カテゴリ:GANKEISEIブログ

眼窩減圧っていう方法があるので
大学で手術をやってみたいのですがよろしいでしょうか?おねがい

岸教授に尋ねました

「あんまりよいと思えないけどね!!

いいんじゃない?やってみたら!フンッ」

結構、投げやりな感じで言われガーン(笑)
それから減圧術を群馬大学でしていくことになるのです

思えば眼形成がマイナーだったころ

減圧するなんて、とんでもない患者負担になると思われていたのだと思います

実際に両側手術する時は長い入院が必要でした。

全麻の枠は木曜日の午後だけでしたら
まず右、翌週に左、というように2週に渡っての入院が必要だったのです

(それを考えると、今は両側同時手術で日帰りとかすごい!)グラサン

そのころそういう手術をしているのは
原宿の眼科しかありませんでしたし

眼科医にとっては骨をいじるなんてホラー!

な常識だったのでそういう反応だったのです

でもね

バセドウ病眼症の手術治療

眼形成の知識と技術をフル動員しないと対応できないのです

眼窩の構造を知るのはもちろんのこと

眼窩の骨を削るとなると、その向こうにある組織も知らないと骨を切除出来ませんし

眼窩脂肪を取るのであれば、眼窩内の網目のように張り巡らされた血管や神経を知る必要があります

眼瞼後退や眼窩脂肪ヘルニアになってまぶたもおかしくなりますから
その構造に精通していないとまぶたも治せません

眼科の手術の中で一番難しいと言っても良いくらいです

だからこそ、教授は勝手にやったら?
みたいな反応だったのですね

そこから群馬で一人、バセドウ病眼症と格闘していくことになりますニヤリ

※読んで勉強になったり、面白かったと感じたら、いいね!をお願いいたします!

2018年手術実績 3046件
群馬大学 眼科 非常勤講師
涙道涙液学会 理事
オキュロフェイシャルクリニック東京 中央区銀座1丁目ビル8F
03-5579-9995
http://www.oc-tokyo.com/
新前橋かしま眼科形成外科クリニック 前橋市古市町180-1
027-288-0224
http://www.kashima-oc.com/

11月10日のバセドウ病眼症講演会
https://youtu.be/kxH9sgrlt0A

バセドウ病眼症に悩んでいる方はどうぞ
「1時間で分かる 甲状腺眼症入門パンフレット」
https://oculofacial.page.link/FoB
現物
https://oculofacial.page.link/pamphlet
kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07MS9HNSH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NJ8pCbV9B21VS