東京都中央区銀座の眼科形成外科 オキュロフェイシャルクリニック東京|眼科・形成外科

オキュロフェイシャルクリニック東京

お知らせ

皮膚を切らない眼瞼下垂手術

18.07.28

カテゴリ:医院からのお知らせ

日本人の眼瞼下垂では、ほとんどの場合に余剰皮膚があり、切除が必要になります。 このため皮膚を切開して手術を行うことが多いのですが、諸事情でどうしても皮膚を切開したくない場合には まぶたの裏から行う眼瞼下垂手術があります。 結膜を切開し、瞼を上げる挙筋の短縮を行うものです。 腫れの程度は皮膚を切った場合と同様ですが、現状のまぶたの雰囲気を残すことが可能です。